ホーム  >  イベント  >  職員研修 「製糸工場見学」
イベント一覧

2012年10月10日(水)  職員研修 「製糸工場見学」 〜群馬県 碓氷・富岡地区〜

10月10日(水)、彩きもの学院の講師、職員で群馬県は碓氷、富岡方面へ製糸過程の研修へ参加いたしました。

養蚕農家見学 上原高好さん宅

蚕が成長するまでの飼育施設の見学をいたしました。

  • 広範な養蚕台倉庫。広範な養蚕台倉庫。

  • 蚕が上にのぼる習性を利用した繭箱である回転蔟(まぶし)。蚕が上にのぼる習性を利用した繭箱である回転蔟(まぶし)。

碓氷製糸農業協同組合

全国の養蚕農家が生産する繭を生糸にしている日本で唯一の組合製糸工場です。

  • 繭は乾燥されサナギを殺処分します。繭は乾燥されサナギを殺処分します。

  • 繭1ヶあたり約16〜21%のみが生糸として精製されます。繭1ヶあたり約16〜21%のみが生糸として精製されます。

  • 煮繭(しゃけん)され、糸口を出された複数の繭から一本の糸にしていきます。煮繭(しゃけん)され、糸口を出された複数の繭から一本の糸にしていきます。

  • 日産自動車製の自動繰糸機日産自動車製の自動繰糸機

  • 揚げ返しの工程。大きな糸巻へ巻き返します。揚げ返しの工程。大きな糸巻へ巻き返します。

  • 高品質な生糸の完成。<br />
一日の生糸の生産量は1俵半(一俵=60kg)だそうです。
高品質な生糸の完成。
    一日の生糸の生産量は1俵半(一俵=60kg)だそうです。

富岡製糸場 〜2012年 世界遺産推薦〜

明治5年(1872年)、日本政府の手によってフランスの技術を導入した日本初の本格的な官営の器械製糸場です。

  • 入口正面にそびえたつ繭倉庫。入口正面にそびえたつ繭倉庫。

  • 日本の職人の手により生まれたレンガ。西洋の組木技術との融合。日本の職人の手により生まれたレンガ。西洋の組木技術との融合。

  • 繰糸(そうし)場【重要文化財】繰糸(そうし)場【重要文化財】

  • 三角形のトラス構造は、従来の日本にない建築工法を用いています。そのため、建物内部には柱のない広い空間が保たれています。三角形のトラス構造は、従来の日本にない建築工法を用いています。そのため、建物内部には柱のない広い空間が保たれています。

  • 芯柱がないため広範な作業スペースを確保できます。芯柱がないため広範な作業スペースを確保できます。


PAGETOP