ホーム  >  イベント  >  きものでお出かけ会 / 旧安田庭園&江戸東京博物館
イベント一覧

2015年11月7日(土)  きものでお出かけ会 / 旧安田庭園&江戸東京博物館

彩きもの学院横浜校では、江戸時代から交通の要衝として栄えた歴史ある街・両国へのきものでのお出かけ会を開催。
秋晴れにも恵まれ、生徒達のおしゃれな装いに観光客は足を止めて見入っていました。

旧安田庭園

旧安田庭園(きゅうやすだていえん)は、東京都墨田区に所在する、潮入り回遊式庭園として整備された大名庭園です。

※潮入り回遊式庭園とは、隅田川の水をこの水門から池に導き、隅田川の差を利用し池の水を上下に変化させ、その水位の差により池・石組などの景色に変化をあたえ、また島の浮き沈みなど、その眺めの変化を観賞するもので、世界にもあまり例をみない造園手法です。現在は隅田川の汚染により直接の接続は停止されています。

江戸時代においては、本庄松平(ほんじょうまつだいら)氏の下屋敷。元禄年間に本庄宗資(ほんじょう むねすけ)氏により大名庭園として築造されました。
安政年間に隅田川の水を引いた潮入回遊庭園として整備され、明治に入り旧岡山藩主・池田章政(いけだ あきまさ)氏の邸宅となりました。

明治22年、安田財閥の祖である安田善次郎(やすだぜんじろう)氏が所有することとなり、大正11年彼の遺志にもとづき東京市に寄贈されましたが、翌年の関東大震災によりほとんど旧態を失ってしまいました。

その後東京都により復元され、昭和2年に市民の庭園として開園。
昭和42年、東京都から墨田区に移管され、現在は墨田区が管理されています。

今回、この旧安田庭園をきもので訪れました。
散策路に映える美しいきもの姿。生徒達のおしゃれな装いに・・・観光客は足を止めて見入っていました。

フォトギャラリー

きものでおでかけ会NEWS (教室掲示用)


PAGETOP