ホーム  >  イベント  >  結城日帰り研修 〜茨城県・結城市〜
イベント一覧

2018年3月5日(月)〜10日(土)  結城日帰り研修 〜茨城県・結城市〜

静かな城下町の佇まいを残す結城市へ...日本最古の絹織物「結城紬」を訪ねました。

■機屋見学〜須藤織物〜  

  • 【糸紡ぎ】<br />
「つくし」という道具に真綿を<br />
巻きつけ、引き出していく作業。<br />
一反分の糸をつむぐには、2〜3<br />
ヶ月間を要します。
【糸紡ぎ】
    「つくし」という道具に真綿を
    巻きつけ、引き出していく作業。
    一反分の糸をつむぐには、2〜3
    ヶ月間を要します。

  • <br />
普通、糸は強い撚りをかけて丈夫に補強されているものですが、結城紬の糸は世界に類を見ない無撚糸です。この糸を扱う技術は数年かけての修行が必要です。
    普通、糸は強い撚りをかけて丈夫に補強されているものですが、結城紬の糸は世界に類を見ない無撚糸です。この糸を扱う技術は数年かけての修行が必要です。

  • 【絣くくり】<br />
図案を糸にあて、絣糸を綿糸で<br />
しばる作業。人によって括る強さ<br />
が違い、文様にムラができる為、<br />
一反分の作業は一人で行う。<br />

【絣くくり】
    図案を糸にあて、絣糸を綿糸で
    しばる作業。人によって括る強さ
    が違い、文様にムラができる為、
    一反分の作業は一人で行う。

  • <br />
一般に絣括りだけで、約3ヶ月程の時間を要します。精巧なものになると時間に限りがありません。
    一般に絣括りだけで、約3ヶ月程の時間を要します。精巧なものになると時間に限りがありません。

  • 【地機織り】<br />
結城紬は地機という最も原始的な機織り機で織り上げます。1500年もの間、今日まで変わることなく使われています。
【地機織り】
    結城紬は地機という最も原始的な機織り機で織り上げます。1500年もの間、今日まで変わることなく使われています。

  • <br />
一反織るのに早い人で一ヶ月ぐらい、品物によっては一年以上かかるものもあります。
    一反織るのに早い人で一ヶ月ぐらい、品物によっては一年以上かかるものもあります。

■湯通し工場

『嫁ぎ先』が決まった反物の糊抜きをする工程。

  • 【糊抜き】<br />
一反一反職人が指先で糊の量<br />
を把握し、湯通しを行います。
【糊抜き】
    一反一反職人が指先で糊の量
    を把握し、湯通しを行います。

  • 【天日干し】<br />
糊抜き、天日干しの作業が終わった<br />
時、軽くて暖かく、柔らかで心地の<br />
良い布が生まれます。
【天日干し】
    糊抜き、天日干しの作業が終わった
    時、軽くて暖かく、柔らかで心地の
    良い布が生まれます。

  • <br />
晴天に紬の柄や色が映える美しい<br />
光景です。
    晴天に紬の柄や色が映える美しい
    光景です。

資料館 〜奥順株式会社〜

結城の産地問屋である「奥順」敷地内の資料館を見学。
貴重な古文書や道具類などを展示。

  • 【資料館『手緒里』】<br />
結城紬の歴史を伝える世界でただ<br />
一つの資料館。製作工程の紹介、実際に使用されていた多種多様な道具類、貴重な古文書等、結城紬の足跡<br />
を見学しました。<br />

【資料館『手緒里』】
    結城紬の歴史を伝える世界でただ
    一つの資料館。製作工程の紹介、実際に使用されていた多種多様な道具類、貴重な古文書等、結城紬の足跡
    を見学しました。

  • <br />
真綿の風合を活かした結城紬は<br />
「温かくて・軽くて・着やすい」<br />
点が特徴です。<br />
<br />
    真綿の風合を活かした結城紬は
    「温かくて・軽くて・着やすい」
    点が特徴です。

  • <br />
2018年3月10日より公開の、吉永小百合さん主演「北の桜守」の劇中で、吉永さんが着用している結城紬も奥順株式会社が提供しています。
    2018年3月10日より公開の、吉永小百合さん主演「北の桜守」の劇中で、吉永さんが着用している結城紬も奥順株式会社が提供しています。


PAGETOP