ホーム  >  イベント  >  花嫁合同授業 / 大宮校
イベント一覧

2019年4月20日(土)  花嫁合同授業 / 大宮校

彩きもの学院大宮校にて、「花嫁の着付け・きものの歴史」について学ぶ、9校合同の経営科授業が開催されました。

花嫁の着付け

中村校長(宇都宮校)、春山校長(池袋校)、阿部校長(立川校)に着付けの実演をしていただき、
大月学院長に花嫁の着付けの解説をしていただきました。

前後から白無垢(しろむく)・帯結びと、息の合った動作で着付けていきます。白無垢は清純で汚れが無いことを表し、嫁ぎ先の家風に染まるという意味が込められています。続いて色打掛。挙式では白、披露宴など祝宴では色打掛への掛替えが慣わしです。

花嫁のモデル

世界一の民族衣装「きもの」 その中で最も美しい装い「花嫁衣装」
今回の花嫁のモデルは、大宮校の大学生です。

「きもの」の歴史

中村校長(宇都宮校)・三浦校長(新宿校)による、きものの歴史についての講義。
記事や資料を確認しながら、縄文時代〜現代までの日本の服飾の移り変わりについて説明。
現在の「きもの」にいたるまでの日本の文化や風土・歴史背景について詳しく学ぶことができました。

ティータイム

授業の合間に小休止。美味しいお菓子を食べて心もリフレッシュ・・


PAGETOP