ホーム  >  きもの用語辞典  >  え
きもの用語辞典

索引:「え」

絵甲斐絹(えがいき)

無地甲斐絹の経(たて)糸に描き絵または型染めしてから織ったもの。昭和初期に生産は絶えている。

絵絣(えがすり)

絣の一種。絣糸で絵模様を織り出したもの。基本的に題材を具象的に表したものをいう。絵絣の模様というと大きなものが多い。昔は木綿が多く、主に寝具や女性の家庭着やふだん着として用いられたが、現在は趣味性の高い着尺として紬にもあり、愛好家に着用されている。

藍型(えーがた)

藍型(あいがた)の沖縄での発音。他の色彩を用いず藍一色で染める沖縄の型染。藍型に対して華やかな色彩染のものを紅型(びんがた)という。

絵衣(えぎぬ)

大嘗祭、新嘗祭等の儀式に奉仕する下級女官が着用する上着のこと。

越後上布(えちごじょうふ)

昔は越後(新潟県)の小千谷(おぢや)市、十日町市、塩沢町を中心に産する麻織物の一つであった。現在は六日町付近でわずかにつくられている。上布とは中布、並布に対する語で上等の麻織物という意であり、細い麻糸で平織りにしたもの。本来、麻には大麻(たいま)、亜麻(あま)、苧麻(ちょま。から、むしともいう)などがあるが、越後上布は苧麻を原料にする。苧麻の茎の皮をはぎ(青苧<あおそ>という)、手で紡ぎ、居坐機(いざりばた)で縞や絣(かすり)を織りだし、雪晒(ざら)しをする。夏用の高級着尺地で、その技法は古くから伝えられ、重要無形文化財になっている。
越後上布(えちごじょうふ)画像

江戸小紋(えどこもん)

江戸時代、武家の裃(かみしも)の小紋や、その技術を受けて民間の小袖、羽織となった単色型染め小紋をいう。1955年、文化財保護委員会が、とくに江戸小紋と名づけて、その染めの技術者、小宮康助(1882〜1961)を重要無形文化財保持者に指定した。小紋を、小さな図柄のものと広義に解する場合、色差しをした型友禅小紋などと区別するためのよび名である。

江戸褄模様(えどづまもよう)

きものの模様付けの一種で紋付裾模様のこと。現在は、留袖の同意語として使われている。

江戸紫(えどむらさき)

青味を帯びた紫のこと。本来の紫に江戸の名をつけるのは、京都の京紅に対してのことで、紫染は江戸が優れ、紅染は京都が優れているということからの表現である。

絵羽染め(えばぞめ)

縫い目で模様が切れたり、食い違いを生じないよう、きもの、羽織などにあらかじめ仮仕立てをし、下絵をつけてから、縫い目を解き、筒描き、型染め、絞りなどで染めること、また染めたもの。

絵羽模様(えばもよう)

模様がきもの全体に絵画的に展開されたもの。白生地のまま裁断して仮縫いしたものに、絵画のように模様を描く。

烏帽子(えぼし)

装束着用の際のかぶり物。烏(くろ)色帽子の意味である。

衣紋(えもん)

元来は、きものの着付けのことである。平安時代末期、公家の装束が軟(なえ)装束から強(こわ)装束に代わり、布地のかたいこわばったものを、上手に着つける手段が考案されて衣紋道が発達した。それと同様に江戸時代になって小袖を三つ襲(がさね)にして、一つ前に着つけることがおこり、一方、帯の幅も長さも広く長くなるにつれて、これをその人の体に合うように、ひだをとりながら着つけることがおこり、民間でも衣紋を抜いたり、いろいろの作法が考案されて、今日のきもの着付教室につながる。

衣紋道(えもんどう)

装束の着付け法式。平安時代半ばを過ぎて公家の装束の仕立てが大きくなり、のちにごわごわした布地が用いられるようになったので美しく着るための法式ができた。

衿(えり)

衣服の首回りにあたる部分、およびそこにつけた緑どりの名称をいう。和服の基本的な衿形は上領(あげくび)と垂領(たりくび)で、前者を盤領(まるくび。丸首)ともいい、装束の袍(ほう)はこれで構成されている。また、道行衿、羽織の衿の系統もこれに属している。後者は衣服を着用するとYの字形になるのが特徴で、直垂(ひたたれ)、素紋、大紋、あるいは女房装束、小袖類がこれで構成されている。

衿足(えりあし)

後頭部の神の生え際の名称。縦に長く整えた形を足という。江戸時代、坊主衿は女性の結髪の美観を損なうものとされていたため、余分な髪は剃りおとし、おしろいを塗って、足の線を目立たせた。

衿下(えりした)

きものの衿付け止りから衽(おくみ)の褄先(つまさき)までの長さ、およびその部分の名称。

衿芯(えりしん)

和服え用いる衿芯には、きものの三つ衿芯、羽織、長襦袢(じゅばん)の衿芯がある。きものは縫込み分の皆無な衿肩回りに晒(さらし)などを入れて、出来上がりの衿の厚みを一様にする。羽織は衿のかたさと重さを増し、なお、表布が縮緬(ちりめん)や絞りの場合の伸びや垂れを防ぐために新モスなどを入れる。長襦袢には衿肩回りに、かたさを保つために帯芯程度のものを入れる。

衿丈(えりたけ)

和服の衿の背中心から衿先までの長さをいい、時にはその二倍、すなわち一方の衿先までの長さをいうこともある。

衿巻き(えりまき)

防寒用に衿に巻いたり、肩に掛けたりする装飾品。江戸時代には首まきと称して老人や僧侶が絹物を巻き、明治の欧米文化の流入により、毛糸編みのマフラーや毛皮製品が流行した。

衣紋抜き(えもんぬき)

衣紋(えもん)抜きは、長じゅばんの後ろ衿に取り付けて、衣紋のつまりを予防したり、改善したりするものです。

衿祝い(えりいわい)

きものを裁つときの祝い。江戸時代初期から行われた風俗である。

衿肩あき(えりかたあき)

後ろ中央から肩先のかけて切りこんだあきのこと。


PAGETOP