ホーム  >  きもの用語辞典  >  お
きもの用語辞典

索引:「お」

笈摺(おいずる)

巡礼がきものを着た上にはおる袖なしの薄いきもの。

追裁ち(おいだち)

裁ち方の一種で生地が一定方向に向くようにする裁断方法をいう。

扇(おうぎ)

夏期に涼風をおこすため、または儀礼や舞のとき手に持つ道具の一つ。扇子、末広ともいう。

大島紬(おおしまつむぎ)

鹿児島県奄美大島で生産される絹織物。絣(かすり)柄を主体とした高級着尺地である。

大裁ち(おおだち)

大人物の和服の裁ち方である。子供物の中裁ち、小裁ちに対する言葉であり、本裁ちともいわれた。

大振袖(おおふりそで)

振袖の一種。とくに袖丈が約100センチ以上のものを大振袖という。未婚の女性の第一礼装であり、現代は紋付の大振袖は婚礼衣装であるから、高級な絹地に総絵羽模様で、金銀の刺繍や絞りをあしらった華麗なものが多い。

岡染め(おかぞめ)

水洗いをしないで染め上げること。一珍染めや更紗などの染め方をいう。

置き手拭い(おきてぬぐい)

手拭いのかぶり方の一種。手拭いを帽子のように頭にのせる。江戸時代に中流以下の年配の婦女子に広く行われた。

衽(おくみ)

和装の部分名。前身頃を充分に打ち合わせるために縫い足す別裂(ぎれ)。大首あるいは置身から出た語といわれる。

衽下り(おくみさがり)

肩山から衽先までの寸法、およびその部分をいう。男物では21センチ、女物では23センチが標準である。

衽先(おくみさき)

長着の衽の細くとがった先端をいい、剣先ともいう。

筬(おさ)

織機を構成する部品。経糸を一定の間隔に揃えておき、緯糸を通した後、打ち込む時の動作をするもの。

御細工物(おさいくもの)

押し絵の語で通っている裂細工。江戸時代から明治の初めまで、女子の手芸といわれるものは押し絵細工のみだったのでこの名がある。

押し絵(おしえ)

わが国の伝統的な烈(きれ)細工の一種で、花鳥、人物等の部分を厚紙でつくり、一片ごとに布で包んで組合せ、台紙にはりつけて模様を作り出すもの。押すとは、貼り付けるの意味である。

お太鼓結び(おたいこむすび)

女帯の結び方の一種。江戸末期の文化14年(1817年)に江戸亀戸天神の太鼓橋再建にちなんで、それまでの路考結びを称するようになった。この結び目が引き解けぬように帯結めが用いられているのが特色。この結び方ができるまで帯は締めやすい繻子(しゅす)類の流行のため、引き解けやすくなっていた。そしてお太鼓結びの出現によってその簡単に引き解けてしまう欠点がなくなり、今日では帯締めは女帯に必要なものとなった。
お太鼓結び(おたいこむすび)画像

おそふき

草鞋(わらじ)にかける、わらで俵編みにつくった爪掛(つまがけ)のこと。

小千谷縮(おぢやちぢみ)

新潟県小千谷市を中心につくられる縮麻で、越後縮ともいった。現在、小千谷縮は姿を消し、手紡糸手織りの重要無形文化財の商品とラミー糸の越後上布とある。

お対(おつい)

長着と羽織を同一の布地で仕立てること。

男仕立て(おとこじたて)

男性の専門家によって仕立てられたものをいう。違いは、あぐらをかき、足指の間に布をはさんで縫う点である。急ぎ仕事に大勢の人間が扱う際には適した方法である。

落し巾着(おとしきんちゃく)

巾着は腰下げ物の一種ですが、腰に下げないで巾着の紐を長くして首から掛けて懐に落しておくのをいう。

踊り手ぬぐい(おどりてぬぐい)

祭礼、盆踊りの際に用いる揃い手ぬぐいのことをい、また舞踊の際に用いるものもこれに属している。

踊り針(おどりばり)

針目が一定方向に向いていない不揃いな縫い目のこと。

御歯黒(おはぐろ)

かねなどで歯を黒く染める事。この風習は上代からあり、化粧というよりむしろ、女子成人のしるし、あるいは既婚のしるしとして行われた。

御端折(おはしょり)

女子のきものの着装法の一種、またはその部分。きものの丈を腰の位置で着丈までたくし上げ、腰ひもで縛って着ること、またはそのたくし上げをいう。近世初期の小袖は対丈(ついたけ)であったが、1626(寛永三)年から1664(寛文四)年の間に反物の長さが二尺(60.6センチ)長くなり、幅が一寸(3.03センチ)狭くなったため、歩行に不自由なことから始まった。初期は前のみで、また明治の中期までは室内ではお引きずりであったが、以後、御端折をして、着尺に着るようになった。

帯揚げ(おびあげ)

近世以来、装飾化し、幅が広く丈が長くなった女性の帯を、その重さを加減しながら形よく結ぶために用いる帯枕を覆うもの。生地は、柔らかくてかさばらずよく締まるものがよく、薄手の綸子縮緬(りんずちりめん)、絞り縮緬などが多く使われる。

帯祝い(おびいわい)

懐妊祝いの一つ。妊娠五カ月あるいは七カ月に腹帯をかける風習。

帯板(おびいた)

女性が帯を締めるとき、胸下の帯の前部分に入れて、帯にしわのよらないようにする板物で、ボール紙に裂(きれ)をはったもの、セルロイド、樹脂でつくられた角丸のものをいう。

帯側(おびがわ)

帯に仕立てるために織られた布地のことを帯地というが、帯芯を入れて仕立てる帯地を帯側という。

おひきずり

女性の着装の一種。長着のお端折をせずに裾をひく着方で、近代用語である。転じて、だらしない女性のこともいう。

帯締め(おびじめ)

もとは帯留めともいい、女性が帯を結ぶときに形を整えて最後の仕上げに締めるひものこと現在では、そのひもをつけて締める留め具を帯留めといい、区別している。

帯芯(おびしん)

帯の芯にしてあるもの。帯がひも的なものから幅の広い装飾的なものになると、帯に張りをもたせるために帯側の中に和紙や真綿を入れた。これが帯芯で明治以降は三河木綿、天竺(てんじく)木綿のかたいものを入れるようになった。近年は合繊の不織布やかたい織物を用いることもある。

帯付(おびつき)

長着に帯を締めた姿のことをいう。羽織姿に対する語
女性の羽織姿に対する語 女性の羽織はちりよけともよばれ、正装には用いない。

帯解き(おびとき)

女児が七歳になったとき、従来の四つ身でなく付け紐(ひも)をとった本裁ちの長着を着、初めて帯を締めて祝う儀式。帯祝い、ひも落しともいう。

帯留め(おびどめ)

本来、女性が帯を結ぶときに形を整えて最後の仕上げに締めるひものことで、帯締めと同じものであるが、現在ではそのひもにつけた細工物をさし、帯締めと区別している。彫金、鋳金、陶器、珊瑚(さんご)、木彫り、宝石などで装飾して平打ちの帯締めにつけることが多い。

帯枕(おびまくら)

女性の帯の結び目が下がったり、くずれたりしないようにするためのもので大小いろいろある。しょいあげ(背負揚げ)ともいう。一般に帯揚げで包んで用いる。

朧染め(おぼろぞめ)

裾をうすく上を濃くした、ぼかし染めをいう。江戸初期、京都の染め屋新衛門が始めたという。

小忌衣(おみごろも)

大嘗祭(だいじょうさい)や、新嘗祭(にいなめさい)に奉仕する官人が袍(ほう)の上に着る斎服をいう。

御召(おめし)

糸の段階で精練し、先染めしたのち織り上げた先練り織物の代表的なもの。縮緬は生地は織り上げたのち精練するが、御召では、織るまえに精練が行なわれるので、しぼの状態と風合いが異なってくる。

折烏帽子(おりえぼし)

立烏帽子に対し、その頂を折ったものの総称。

織り着尺(おりきじゃく)

着尺とは大人の長着一枚がつくられる和服地一反のことであるが、織り着尺とは、染め糸を使って柄を織りだす着尺をいう。

織物(おりもの)

織機によって、経(たて)糸と緯(よこ)糸とを組み合わせて平面を構成したもの。また後染めの染め物に対して、先染めした糸で織った和反物などをさす場合もある。組織は、平織り、斜文織り、繻子(しゅす)織り、畝織り、蜂巣織り、二重織り、パイル織りなどがある。

女袴(おんなばかま)

女性用の袴。今日は腰板および襠(まち)のない仕立てである。

女紋(おんなもん)

女子の礼装に用いる紋のことで、近代ではふつう男性用の紋に比べて小さく、直径2センチぐらいである。女子の略式礼装の場合、家紋の輪をとって感じをやさしくしたり、替え紋といって家紋に関係のない蔦(つた)や花菱(びし)などのおしゃれ紋を用いしたりすることである。


PAGETOP