ホーム  >  きもの用語辞典  >  か
きもの用語辞典

索引:「か」

開化頭(かいかあたま)

明治の文明開化時代に男子に行われた頭髪で、斬切頭、散切頭のこと。

界切り(かいきり)

織物の両端のしるしに地糸とは違った糸を織り込んだ部分をいう。

懐紙入れ(かいしいれ)

懐紙を入れて、懐中におさめておく袋物。和歌などを詠むのに用いる紙を指す用語にもなっている。

掻取(かいどり)

江戸時代武家の婦女が用いた正装のことで、打掛ともいわれるが、公家社会では、かいどりと称した。

貝の口(かいのくち)

角帯の結び方の一つ。一端を折り返し、他の一端を二つ折りにしてこれと真結びに結ぶ。女性は半幅帯の際、浴衣、普段着、羽織下などに用いる。

掻巻(かいまき)

袖のついた着物状の寝具のこと。掻巻とは袖のついた寝具のことで、綿入れの一種である。長着を大判にしたような形状で、首から肩を覆うことによって保温性に富む。

返し衿(かえしえり)

明治期までは、女性の晴れ着用長襦袢(じゅばん)の半衿に赤い裏をつける習慣があった。黒小袖の下にこれを着て、いったん衿もとを合わせたのち、下前だけを外に折り返して、裏の赤い色をのぞかせる着方を返し衿といった。今日では芸者の座敷着に残っている。

返し縫い(かえしぬい)

手縫いの基礎縫いの一種で、縫い目を丈夫にするときに用いる方法である。本返しと半返しがあって、返し縫いは掛け針に掛けて布を張り、一針ごとに糸を引き締めながらあと戻りの針目で一針ずつ縫う。縫い代を割るときなどに用いる。

抱え帯(かかえおび)

和装では補助具の一つ。きものの裾をたくしあげたとき裾を押さえるために用いた帯。しごき帯のことで、略してしごきともいう。江戸時代初期に、広幅の小袖の足さばきのいいように用いたのに始まる。それが江戸中期ごろには裾が地をひくようになり、外出には裾を持ち上げるか帯の間からつまみだしたりしたが、しだいにしごき風の裂(きれ)地でこれを押さえるようになった。そして、やがて絎(く)けひも状のものもできるようになった。明治になって常時お端折(はしょ)りをするようになると、これは腰ひもとしてきものの中に隠れ、現在抱え帯は、花嫁が帯の下部にそえて締めるアクセサリー的平絎けひもとして残っているだけになった。

鏡仕立(かがみじたて)

表裏2枚の布を縫合せるとき、片面の布を四方に批を出して額縁のように仕立てる事。

化学繊維(かがくせんい)

天然繊維に対して、人造繊維を総称していう。化学的製造工程をへてつくられた繊維という意味であり、代表的なものとしては、再生繊維(レーヨン)、半合成繊維(アセテート、トリアセテート)、合成繊維(ナイロン、ビニロン、ポリエステル、アクリル)などがある。

加賀友禅(かがゆうぜん)

友禅染の一種。江戸時代初期末、加賀の金沢に発達した。加賀には古く、能登上布(じょうふ)に梅の皮や柿渋で染めた加賀染があり、のちに絹に彩色をしたものもあらわれ、土地の人々はそれを<御国(おくに)染>と称していた。これに宮崎友禅斎の手法が加えられて<加賀友禅>とよんだ。色調の特徴は、紅、藍、紫を主としたもので、ぼかしによる陰影をもつ。文様は様式的な題材を図案化したものが多い。京友禅が軽快で斬新(ざんしん)で華やかであるのに対し、加賀友禅は重厚さどやさしさと落着きを示すものである。

かがる(かがる)

裁ち目がほつれないように、布端に、縫い糸やしつけ糸を一定の方向に巻きつけていく方法。裁ち目かがり、穴かがりなどがある。

額裏(がくうら)

主として男物の羽織裏に用いられる仕立て方の一種で、高級な染めや織りによるものを用いて仕立てることをいう。

角帯(かくおび)

幅のせまい、かたい男帯の総称。

角袖(かくそで)

丸みのない四角の袖形の、男物のコート。

額縁仕立て(がくぶちじたて)

衣服の裾や衿、また布団の裏布などの折返しの角を額縁のように仕立てる方法。単衣の長着の裾の角や、道行コートの衿の角の始末になどに使われる。

楽屋浴衣(がくやゆかた)

歌舞伎役者が、自分の屋号や紋にちなんだ役者好みの柄を染めて楽屋で着る浴衣のこと。この浴衣地を贔屓筋への配り物にすることもある。

掛衿(かけえり)

きものの衿の汚れを防ぐために、あらかじめ本衿の上に掛ける衿のこと。

加工着尺(かこうきじゃく)

染加工をした着尺のことで、丸巻きのままの反物を指す。

笠(かさ)

かぶり物の一種。柄のある差し傘に対して、かぶりがさを笠という。

襲(かさね)

晴れ小袖や装束構成の際に、同形態のものを何枚も重ね合わせることを意味する。

襲色目(かさねいろめ)

装束や和紙の重ねによる配色をいう。直線裁ちのきものを着重ねる装束においては、その色の組合せによる美の表現は非常に重要な要素で、当時の文化的情趣がそのまましのばれる。ことに、女房晴れ装束では、衣紋をとって、衿もとと袖口の構成を整えることによって衽(おくみ)から裾まで直線的な流線となって表現され、王朝文学や王朝絵巻を飾っている。重ね袿(うちき)の内から外に向かって同色をしだいに濃くしていく場合を裾濃(すそご)、逆を匂(におい)中間を濃くする場合を村濃(むらご)という。また、白を上から重ねて下の色を透かせて見せる場合を薄様(うすよう)という。色のよび名は桜襲、松襲などと称して、その季節や情景をあらわすもので、当時の人々の自然界の繊細さを受け止める感覚の鋭さと、年中行事が自然と結びついて生活の中に深く浸透していたことによる。これは甲冑(かっちゅう)装束の鎧縅(よろいおどし)にも一種の哀感をもって受け継がれている。

重ね衿(かさねえり)

重ね仕立てにした衿のこと。今では、後から衿に色々付け替えれるようになった、衿のことを指す。

襲仕立て(かさねじたて)

襲物、すなわち二枚襲、三枚襲の長着の仕立てを襲仕立てといい、和裁のなかでも最高の技術を要するものとされている。その源流は有職(ゆうそく)の十二単(ひとえ)などに求められ、形を変えて現在の礼装に残ったものとも考えられる。技法としては、二枚あるいは三枚のきものがきちんとそろうように素たてなければならないうえに、襲物は多く礼装であるところがら、紋合せや絵羽付けの模様の縫い目合せ、また、生地が仕立ての難しい縮緬類が多いため、熟練した技術が要求される。

重ね縫い(かさねぬい)

布の端と端を1センチほど重ねて、中央を一度縫い、もしくは両端を縫う。薄い芯など、かさばらないはぎ方である。

火事羽織(かじばおり)

火消しが用いる羽織をいう

被衣(かずき)

女子の外出時、頭からかぶった衣服のこと。

絣(かすり)

糸の染まった部分と、染まっていない部分とで模様を現す方法。あるいは、その織物のこと。

肩揚げ(かたあげ)

肩山を中心に前身頃から後ろ身頃にかけて縫い摘み揚げのこと。

肩当て(かたあて)

単ものなどの衿肩あたりが弱るのを防ぐためにつける力布のこと。あるいは、単の羽織やコートの肩裏につける、肩すべりのこと。

肩裾片身替り模様(かたすそかたみがわりもよう)

小袖の模様配置の一種。肩の部分と裾部分の左右を交互に別色や別模様にしたもの。肩裾模様と片身替り模様を同時に扱ったもので、室町時代中期、京都の宇良神社の小袖にはすでにこの模様があらわれ、桃山時代の能装束の摺箔(すりはく)にもみられる。

肩すべり(かたすべり)

単の羽織やコートの肩の部分に当てる布。

型染(かたぞめ)

型紙を用いて染める方法。

肩幅(かたはば)

身頃の肩山の幅のことであり、その寸法のこともいう。これと袖幅を足したものが裄(ゆき)であり、ふつう、袖幅と肩幅の差は袖が2センチぐらい広い。同寸のこともある。

花鳥紋(かちょうもん)

草花と鳥類を組み合わせた文様。東洋では仏教の興隆とともに中国唐代に完成し、以降、多様な表現を示して、文様を代表する存在。染織品だけでなく、その他のあらゆる意匠に採用されている。

褐染(かちんぞめ)

染色法の一つ。顔料の一つであるかちんを用いて描いたものをいう。

合財袋(がっさいふくろ)

一切合財、つまり何でも入れられる袋物の意味で、底がある布製の口をひもでくくるようにしたもの。

割烹着(かっぽうぎ)

婦人が家事労働の際、衣服の上に着る仕事着。

桂巻(かつらまき)

室町時代、庶民女子が長い布で頭髪を包み、頭の前で結びつけたもの。雑事の時、垂髪や束髪の乱れを防ぐために行った。

裹頭(かとう)

袈裟で頭を包む僧の服装をいう。平安時代以降、真言宗では晴れの儀式の装いとなったものだが、僧兵の扮装として知られている。

鐘(かね)

明治時代以降に着用された黒ラシャ製の回し合羽の別名。寺でつく釣り鐘の形に似ているのでこの名がある。この鐘の変化が二重回しである。

曲尺(かねじゃく)

形が直角に曲がった物差しで、大工金(だいくがね)ともいう。

叶結び(かのうむすび)

古来から伝えられてきた、日本独特の結び方。
お願い事が 「叶う」 といわれ、縁起の良い結び方とされている。儀式や守り袋のひもを結ぶのに用いられる。

靴(かのくつ)

束帯のときに限って履き、節会(せちえ)のような晴れの儀式の時に用いた履(くつ)の一種。

歌舞伎衣装(かぶきいしょう)

歌舞伎劇および舞踊に使用される衣装をいう。舞楽、能が公家、武士の支配者の庇護のもとに発展したのに対し、近世に始まる歌舞伎は民衆の支持によって形成された。

禿(かぶろ)

頭に毛髪のないこと、また、頭に帽子、冠等をつけないこともいう。

紙入れ(かみいれ)

外出の際に必要な小間物を入れ懐中した用具の一種。鼻紙入れ、鼻紙袋ともいう。

紙合羽(かみかっぱ)

ラシャ製の合羽に対し、和紙をはり合わせて桐油や柿渋をひいたものを紙合羽と称した。江戸時代初期から参勤交代の武士や仲間の間に多く用いられた。

裃(かみしも)

江戸時代の男子礼服。肩衣(かたぎぬ)と袴からなる。

紙子(かみこ)

和紙でつくった衣類。丈夫で暖かく軽いため防寒用、旅行用とした。

家紋(かもん)

その家の由来を示す紋である。

蚊帳(かや)

蚊や毒虫の侵入を防ぎ安眠するための道具。文献では「日本書紀」に見られ、鎌倉時代中期の「春日権現験記」には蚊帳を使って寝ている姿が見られる。

唐織り(からおり)

平安時代以来、織られた有職織物のなかで、色模様を織り出した絹織物。経(たて)に生糸(きいと)を用い、地緯(じより)糸を三つ綾に織った地組織のなかに、絵緯(えぬき。色模様を織り出すための色緯糸)を、文様の部分だけに往復して織り込む技法によって紋織り(模様織り)としたものである。

唐草文(からくさもん)

意匠化された異国的な草花をさすが、通例は蔓(つる)状の茎が連続的に宛転(えんてん)するのをいう。基本となる茎にそえた他の要素から牡丹(ぼたん)唐草、菊唐草、葡萄唐草などとよぶ。
唐草文(からくさもん)画像

唐組み(からくみ)

組紐の組み方の一種で最も高級であり、わが国の正倉院や法隆寺献納御物の中にその名残がある。

絡げ(からげ)

衣類の丈を短くするためにたくし上げて、ひもで締めること。

柄見本(がらみほん)

柄の異なる裂地を収録した冊子。製作や注文の際に参考にしたり、比較、選択するもの。

苧麻(からむし)

イラクサ科の多年草。苧麻(ちょま)の古い名称で<まお>ともいわれた。むしは朝鮮語のmosi(苧)、あるいはアイヌ語のmose(蕁麻)からの転訛(転化)であろう。青苧(あおそ)とよぶこともある。中国で多く産するので支那麻(China grass)ともいわれる。
苧麻(からむし)画像

仮仕立て(かりじたて)

生地を裁って和服を作るとき、縫製を完全にしないで、切れやすい糸で粗くぬいつけただけの状態。とくに絵羽織りや中振袖など、完成したときの状態を見せなければ売りにくいものに、使用される

狩袴(かりばかま)

鷹狩りのときに着用する狩衣(かりぎぬ)に用いた袴の名。

川晒し(かわざらし)

清流の河原の上に麻布などを広げ、時々水をかけて湿りを与えて日にさらす原始的な漂白法。

冠位十二階(かんいじゅうにかい)

7世紀に制定されたわが国最初の服制。冠を色で区別することで位階を明らかにし、朝廷での席次を示した。

簪(かんざし)

髪にさすところからこの名があり、女の髪飾りの一種である。

汗衫(かんさん)

汗を取る薄い肌着、下着のことで汗衣、汗襦と同じ意味に用いられる。衫は、袖の短い単衣の意。

観世水(かんぜみず)

流水文様の一種。中心に巻き水を配して、左右に水波を線であらわし、全体を扁平な帯状にまとめたもので、時に数段を重ねて流化する様子を示す。

間道(かんとう)

経(たて)糸を染め分けて織った縞織物のこと。経糸の色を消さないため密にした経糸で緯(よこ)糸を包み込むように織る。織り技法は簡単だが、複雑な紋織物とは全く異なる新鮮な流動美、しゃれた、明快なリズムの美をもつ。元来、発色のいい染料の豊富な東南アジア、インドあたりで体に巻いて装飾とするサルーン用生地として製織されたものである。日本では細分して仕履(しふく。茶器を入れる袋のこと)などに使ったため同名の間道裂(ぎれ)でも文様の異なるものが多い。<かんとう>の名称は中国の要港広東(カントン)に由来するものであろう。

貫頭衣(かんとうい)

原始時代の服装の一つ。頭を通してかぶる形式の袖のない衣服。

寒干し(かんぼし)

七〜八月の土用干し、十一月の秋干しに対し、二月の虫干しを寒干しという。一年のうちもっとも乾燥しているこの時期に衣類を風通しして湿気を防ぎ、虫よけのための防虫剤や乾燥材の補給をする。

顔料(がんりょう)

水、油、その他の溶媒に溶けない着色剤。染料とともに着色剤として重要であるが、繊維や布に対して直接染められない点で異なる。用途に応じて適当な分散剤に混ぜて用いられる。


PAGETOP