ホーム  >  きもの用語辞典  >  け
きもの用語辞典

索引:「け」

圭冠(けいかん)

648年に制定されたかぶり物で、のちの烏帽子(えぼし)の原形。

袿袴(けいこ)

明治維新以後、宮中服は簡略化され、男性の狩衣や浄衣に相当する女性の服装は袿袴となった。

軽装帯(けいそうおび)

女帯の一種。胴の部分と結びの部分とを別々に仕立てた帯。結びが出来上っているので、たどりつけるだけで、その着装がいたって簡単なため、軽装帯と称した。

褻着(けぎ)

晴れ着に対する言葉で、日常着る普段着をいう

化粧回し(けしょうまわし)

力士が本場所その他で、土俵入りや弓取りのときに締める前垂れ風のもの。

蹴出し(けだし)

和服着用の際に、下半身に着る下着の一種。裾よけともいう。半襦袢と合わせて用い、長襦袢の代わりにすることもある。

月華御召(げっかおめし)

御召の一種で、縮緬風のしぼのはっかりあらわれたもの。

結髪(けっぱつ)

髪を結うこと、または結った髪のこと。

蹴回し(けまわし)

きものや長襦袢(じゅばん)などの袖回り全体の寸法のことをいう。

毛万筋(けまんすじ)

毛のように細い線が多く集まった縞模様のこと。極(ごく)万筋、極毛万筋などは、さらに細かい縞模様の意。

剣先(けんさき)

和服では長着の衽(おくみ)の細くとがった先端のこと。身頃と衿と衽のあったところのことで、衽先ともいう。剣の先のように鋭く仕立てるのがよく、身丈、衿下、衽幅などの寸法や、印のつけ方によって、その角度は違ってくる。

源氏香(げんじこう)

香合せに用いる符号を文様化したもの。符号は『源氏物語』五四帖のうち「桐壺」と「夢の浮橋」二帖を除いた五二図の組合せで、平行する五本の棒の変化であらわしている。

献上博多帯(けんじょうはかたおび)

九州福岡でつくられる*博多織の帯のことで略して献上ともいう。江戸時代、福岡藩主黒田家から毎年春三月に特産の博多帯を十筋、将軍家に献上したところから、特殊の柄物帯を献上博多帯と後世いうようになった。現在では帯幅に二筋以上の独鈷(とっこ)縞の入ったのを献上とよんでいる。独鈷というのは真言宗や天台宗などの密教の寺院で用いられる仏具の一つで、博多帯にその独鈷に似ている模様が織り出されているのでその名がつけられている。

検反(けんたん)

染織の反物の仕上りを調べること。染織の際に生じた織りむら、おさむら、しみきず、用尺など、製品として欠陥の有無を検査する。各産地の織物組合には、その検査場があって合格品のみにその検査場があって合格品のみにその検査済または合格の印を押す。白生地類は別に*匁付けの印を押す。小紋染めや模様染め類は小売店で検反する。

元服(げんぷく)

公家以上の人たちの間では古来より、男性が初めて冠をかぶる儀式を元服といった。

元禄袖(げんろくそで)

袖の袂の丸みを大きくした袖形のこと。


PAGETOP