ホーム  >  きもの用語辞典  >  し
きもの用語辞典

索引:「し」

仕入れ染め(しいれぞめ)

呉服屋や呉服問屋が売れることを予定して、無地あるいは模様染めをすること、およびその製品をいう。

地色(じいろ)

模様染め、紋織りなどの模様以外の部分をいう。生地のままであれば白地となり、赤色なら赤地、黄色なら黄地など、地の色によってそれぞれのよび名をもつ。

塩沢紬(しおざわつむぎ)

新潟県塩沢付近で生産されている紬織物。この地方の得意としている絣(かすり)技術を紬織りにいかしたもの。

塩瀬(しおぜ)

塩瀬羽二重の略で、厚地の羽二重のことである。

塩瀬御召(しおぜおめし)

絹織物の一つ。御召と同じ左右強撚(きょうねん)の二越しではあるが、塩瀬羽二重に似てしぼが目だたず、おもに男物の無地羽織として好まれ、八王子で生産された。

地落ち(じおち)

小紋、細かい縦あるいは横の平行線、または鹿の子絞りによって地色で模様を染出すこと、および染めた品。

地織り(じおり)

各地方で産出する麻、絹、あるいは綿などの繊維を原料として紡績し機織りし、また染色加工をほどこした織物類などをいう。多くは自家消費あるいはその土地の消費に当てられ、自給自足経済における生産手段であった。

色紙継ぎ(しきしつぎ)

布の縫い方の一種。布の弱くなった部分に裏から共布または同色の布を当てて、表側にはごく小さな針目を出して縫い、運針の折り返しの部分では糸に少しゆとりを残しておく。

仕着せ(しきせ)

主人が使用人に与える衣服。盆と暮れに与えられる。商人でも、職人でも小僧の時代はこれで過ごした。

地絹(じぎぬ)

農家で自家消費用として蚕を飼い、糸を紡いて、手機で織った絹織物をいう。第二次世界大戦までは、日本各地で自給自足の衣生活があり、手作りの織物が作られていた。

式服(しきふく)

礼装のこと。和装の場合、男性は羽織袴、女性は留袖に丸帯。

扱(しごき)

扱帯の略で、一幅の布を並幅のまま、縫わずにしごいて締めるのでこの名がある。江戸時代には抱え帯といい、御端折をとめるために腰に締めていたが、明治以降は腰紐が用いられるようにんなり、扱は装飾用に変わった。現在は花嫁衣裳や七五三の女児の祝い着に用いる。

仕事襦袢(しごとじゅばん)

農村の仕事着。労働しやすいように、丈を腰丈くらいに短くし、衽をつけず半襦袢の形に近い。

地染め(じぞめ)

染め物や紋織りなどの模様以外の部分を地といい、地の色(地色)を染めること、および染めたものをいう。

下襲(したがさね)

束帯着用の際に半臂(はんぴ)の下に着る服。特徴は垂領(たりくび)でありながら身丈は前より後ろ身頃が長く袍(ほう)の裾から出して着用する。

下着(したぎ)

上着に対する語で、上着の下に着る衣類の総称。長襦袢や肌襦袢などのことをさす。また、表着と同じ形に仕立てられ、表着の下に重ねて着るきもののこともいう。これは襲下着ともいう。かつては、礼装の留袖には白の下着を一枚重ねた。しかし現代では省略して、比翼仕立てといって、衿や袖口、振りや裾の見えるところだけを重ねたように見せる仕立てが主流になっている。

仕立て(したて)

裁縫と同義語で、布を一定の計画によって裁ち、一定の方法に従って各種の衣服をつくり上げることであり、その方法で仕上げたもの、または仕上げの技術のことをいう。

仕立て下し(したておろし)

仕立てられた衣服を、初めて着用すること、または着用したばかりの衣服をもいう。明治時代まで、下町や村の娘は仕立て下しを着せてもらうと、氏神へお礼参りをする風習が残っていた。

下前(したまえ)

前身頃を打ち合わせて着る衣服の、下になるほうの側の身頃をいう。また、上になる側を上前という。和服では男女とも左身頃側が上前になり、右身頃側が下前になる。

下町風俗(したまちふうぞく)

明治以降の東京の風俗の一種。下町とは下谷、浅草、神田、日本橋など商人や職人の多く生活している地区で、商人は土蔵をもち、職人は長屋住いが多かった。その風俗は、商人は縞のきもの、角帯、前垂れがけで、主人から小僧までその区別は腰下げ物や羽織の着用以外はないし、職人は半纏(はんてん)、腰掛け、紺股(もも)引きに、麻裏草履と決まっていた。どんなに金持ちでも妻はおかみさんといわれた。性格は一般に明るく人のめんどうをよくみたし、職人間では金銭にあまりこだわりをもたなかった。

悉皆屋(しっかいや)

反物、染色、染直し、洗い張りなどに関する一切のことを客と業者との間に立ってとりもつ職業。江戸時代に大阪より始まったという。

躾(しつけ)

本縫いでなく、縫い目や折り目を固定するために、仮にとじたり押さえ縫いしておくこと。

七宝繋文(しっぽうつなぎもん)

一個の輪に四個の輪を四すみに重ねた文様で、輪違い文ともいう。またこれを四方襷(たすき)とよんだり、十方(なまって七宝という)とした。数多くつないだものを七宝つなぎという。
ちなみに七宝とは・・・七宝(しちほう、しっぽう)。七種の宝のこと。七種(ななくさ)の宝、七珍ともいう。
無量寿経の「金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、硨磲(しゃこ)、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)」の7種のこと。
(しっぽうつなぎもん)画像

襪子(しとうず)

中国伝来の足衣。靴下や足袋にあたる。足袋のように親指の間を割らず、裏底もない。

地直し(じなおし)

仕立てにはいる前の大切な作業。とくに表地と裏地の縮み率に大差があるときは、縮み率の大きい反物に徹底した地のしが行なわれる。

科布(しなぬの)

古代から伝わる織物。かつては各地の山村で織られていたが、現在では山形と新潟の県境の村落に残っている。

地縫い(じぬい)

二枚以上の布を中表に合わせて、印どおりに縫うこと。

地のし(じのし)

衣類の用布を裁断する前の処理の一つとして、布目を正しく整え、耳のつれを伸ばして平らにすること。

忍び(しのび)

和裁の技法で、隠しじつけ等目立たないように小さな針目を出す場合をいう。

地機(じばた)

原始的な織機の種類で、枠にとりつけることなく織り手は地上にすわって織る操作をする形式のものを総称する。下機(しもばた)、神代機(じんだいばた)ともいう。居坐機(いざりばた)はその代表的なものである。これに対して、枠にとりつけて織り手が腰を掛けて操作する形式のものを高織(たかばた)という。
地機(じばた)画像

紙布(しふ)

強い紙を細くテープ状に切り、撚りをかけて「こより」のように糸にしたものを織った紙織物。

シボ(しぼ)

強撚糸を用いた、織物の布面に現れた、波状のしわのこと。しぼは、強撚糸の収縮を利用して、製織後にしぼ寄せをすることによってできる。

絞り染(しぼりぞめ)

布の一部を糸でくくったり、縫い締めたり、板ではさんだりして防染して染液に湿すと、その部分だけが染まらないので模様として現れる染色技法。

縞(しま)

線で構成する模様の総称。

縞彫り(しまぼり)

江戸小紋の型紙を作る技法の一つで、彫りのうちで最も熟練を要するもので、定規を地紙にあて、3㎝の幅に20〜30本の細かい縞を一本の小刀で切ってゆく技法。

締機(しめばた)

絣(かすり)糸をつくるとき、糸などで結び締めて防染する方式ではなく、太糸で織り締めるための織機をいう。

地紋(じもん)

紋綸子・紋羽二重・紋縮緬などの、紋織物で織り出された模様のこと。

地木綿(じもめん)

各地で綿花を栽培して繊維を採取し、これを手紡ぎ、手織りで綿布をつくり、主として自家用に用いたものをいう。

紗(しゃ)

緯糸一本打ち込むごとに二本の経糸を交差させた織物である。盛夏用の着尺地・羽尺地として、用いられる。

ジャカード

フランスのジョセフ・マリー・ジャカールが発明した紋織機、およびそれで織った紋織物類をさす言葉として慣用されている。わが国には1873(明治6年)に輸入され、西陣、桐生、伊勢崎、博多などに普及された。

笏(しゃく)

天皇を始め百官が威儀を正すために右手に持つ長方形の板。

しゃり味(しゃりみ)

布地の感触をあらわす用語の一つで、布地に触れた時、しゃりっとした感じの布をしゃり味があるという。清涼感があるもので、麻製品はしゃり味が大きい。

しゃれ紋(しゃれもん)

花鳥風月をはじめ、歌の名所や故事などにちなんだ図形、家紋をアレンジしたものを考案して、家紋のように付ける紋のこと。伊達紋、加賀紋とも呼ぶ。江戸時代に庶民も紋服を着用するようになったが、常に家紋では重いので、そのかわりの替紋(かえもん)を考えたことが由来とされている。染め紋と縫い紋があり、紋の数や大きさにも決まりはなく、格の違いもないので装飾的な紋といえる。

十字絣(じゅうじがすり)

絣模様の一種、十の字をあらわしたもの。経緯(たてよこ)絣である。
十字絣(じゅうじがすり)画像

繻子織(しゅすおり)

朱子織ともいう。平織、綾織とともに三原組織のひとつ。経糸、緯糸5本以上から構成され、手触りが滑らかで光沢がある。

十二単(じゅうにひとえ)

女房装束、唐衣裳の総称。現代でつかわれる晴れ装束の意味合いは、江戸時代中期からであり、本来は、重ね袿を12領と内に単を着重ねた袿誇姿をいう。

襦袢(じゅばん)

和装用の下着。長襦袢・半襦袢・肌襦袢などがある。

清衣(じょうえ)

神官や公家が神事にたずさわるときに着るもの。形は狩衣(かりぎぬ)と同じ。

正絹(しょうけん)

まじりけのない絹糸、またはその絹糸で織った織物。

漏斗(じょうご)

歌舞伎衣装の一つで幽霊の着る衣装。裾が細くしぼんで漏斗のようになっている。

装束襦袢(しょうぞくじゅばん)

女性が用いる襦袢の一種。袖に特色があり、表から見える部分に縮緬の裂地をつけたものをいう。

上布(じょうふ)

麻織物の名称。上等の布の意がある。主に夏季用の着尺地として用いられている。絹糸でまねて織ったものを、絹上布とよんでいる。

定紋(じょうもん)

由緒や経歴を内包している正式の紋章。紋は白く染め抜いた表紋を用いる。

織機(しょっき)

織物を織る装置。

如木(じょぼく)

強装束の一種。白布の狩衣に糊をつけた衣を着て公家の供をし、履や傘を持つ役目をする。

ショール

肩、首などのほか主として上半身に掛ける付属被服の一種。

尻端折(しりばしょり)

和服の着装法で、長着を労働に便利なように裾をまくり上げて帯にはさむ方法、またはその名称をいう。

印針(しるしばり)

和針のなかでもとくに良質のものをいう。

白衿黒紋付(しろえりくろもんつき)

既婚の女性の正式の礼装。白の下着の衿を重ねるのでこの名があり、留袖と同じ意味に用いられる。

白生地(しろきじ)

染色加工をしない、白地のままの織物。

白無垢(しろむく)

表裏白一色で仕立てたもの。古来、日本では神聖な色として白を好み、その清浄さゆえに祭服となった。室町時代末期には、花嫁衣装となり、出産、葬礼や切腹など、特別な場合に用いられるようになった。

甚兵衛羽織(じんべぇばおり)

陣羽織に似て、木綿製で綿入れの袖無し羽織。下級武士・民間用。

伸子(しんし)

洗ったり、染めたりした布の仕上がりの際、布幅を一定にひろげるための用具である。

浸染(しんせん)

最も基本的な染色法。染料を溶かした駅に布地や糸を浸して染める。

陣羽織(じんばおり)

和装外衣の一種。16世紀頃から戦国武将たちが戦場で鎧の上などに用い、防寒防雨とともに装飾をかねた。

甚平(じんべい)

夏の男性あるいは男児用の家庭着の一つ。


PAGETOP