ホーム  >  きもの用語辞典  >  す
きもの用語辞典

索引:「す」

素袷(すあわせ)

袷の下に肌着を着ないで着る方法をいう。

水干(すいかん)

狩衣の一種。糊をつけずに水張りして干して仕立てたことによる。

翠紗(すいしゃ)

夏向きの紗織り。経(たて)糸に玉糸が使用されているため、さらりとした食感がある。

末広(すえひろ)

檜扇から発達した紙扇のこと。地紙を骨の両面に張った浮折(うきおり)の扇で、閉じると先端がひろがっていることからの名称。先端のひろがりがこれより狭いものを中啓(ちゅうけい)という。また、末広の名が行く末を祝う心を込めていることから、紙扇の総称としても使われている。

素襖(すおう)

直垂の一種。鎌倉時台以降、礼服化していった直垂の中でも、室町時代になると素襖と呼ばれるようになった。

菅糸(すがいと)

練る前の、生糸一本のままの状態の糸のこと。

梳き櫛(すきぐし)

櫛の一種で歯の目の非常に細やかなもの。古くは現在のような洗髪の習慣がなかったので、毎日この櫛を使ってふけやほこりを取った。

透き模様(すきもよう)

夏物和服の模様構成の一種。上着(うわぎ)を絽や紗の薄物に裾模様を置き、下着にも上着と関係ある模様を置いて、透けて見えることから、重ねと動きの効果をねらったもの。明治時代中期に流行した。

透紋紗(すきもんしゃ)

平織り地に紗組織で文様を織った絹織物をいう。夏の装束地として用いられた。

すくいぐけ

縫う時と同じ手つきでくける縫いぐけに対して、すくうようにくけるくけ方。縫いぐけより技術的に劣る、初心者向のくけ方である。

筋絞り(すじしぼり)

絞り染め技法の一つ。布を縫い、ひだをとりながら巻き上げ、規則的、不規則的な筋を染め出すこと、あるいは染めたもの。

篠懸(すずかけ)

修験者の法衣で、俗にいう直垂と似た形である。

生絹(すずし)

生糸(きいと)で織ったままの平織りの絹布。精練しないので生糸のセリシン(絹膠)が残っていて、織物地はかたくさらさらした触感をもち、張りがある。古来、装束用として広く使われ、篩(ふるい)絹としても用いられてきた。<すずし>は<清(すずし)>の意味といわれる。

錫箔(すずはく)

錫でできた箔のこと。金銀箔と同じ用途で用いられる。

裾(すそ)

衣服の下の縁(へり)および、その部分をいう。和服の裾の処理は、袷(あわせ)長着では※ふきを出して、裾の角は褄(つま)形にし、単衣(ひとえ)長着は三つ折り絎(ぐ)けにする。ひとえのコート、羽織、長襦袢(じゅばん)は裾にある程度の重さが必要なので、5〜10センチ折り上げる。袷の羽織、コート類は表布を引き返して裾をわにする。

裾絡げ(すそからげ)

きものの着方の一つ。長裾では仕事や長旅をする際に足が絡んで不便なところから、たくしあげて帯に挟む方法。

裾回し(すそまわし)

袷長着の裾裏布のこと。八掛ともいう。

裾よけ(すそよけ)

腰に巻きつけてまとう、いちばん下に着る下着。

砂子(すなご)

染織技法の一つ。金粉や銀粉を細かくまくこと。江戸末期にあらわれ、やがて花嫁衣装や訪問着等に用いられるようになった。

角頭巾(すみずきん)

布を二つ折りにして長方形の袋状につくった頭巾。江戸時代初めから老人や僧などに用いられた。

墨流し染め(すみながしぞめ)

水面に墨汁を落とし、大きく広がった墨を乱れさせて曲線の模様を作り、それを紙または布面に写し染めたもの。

摺込み紋(すりこみもん)

はじめに地に伏せ糊を置き、染料を刷毛につけ、模様の部分を型紙の上から摺り込むようにして染めた紋のこと。非常に繊細な線の表現やぼかしなども自由にでき、手挿し紋ともよぶ。

摺箔(すりはく)

布地に金箔や銀箔を、接着剤を用いて付着させること。この技法は、室町時代の辻が花染や、能装束に用いられた手法で、現在では友禅染に用いられている。

摺疋田(すりびった)

江戸時代の小袖によく見られる染色法の一つ。きもの全体ではなく、模様の空間を埋める場合など、部分的に用いることが多い。現代でも絞りとは異なった、軽快な感が好まれている。

座り(すわり)

正しく落ち着いていること、安定感がいいことなどの意味に使われ、「衿のすわりがいい」など、体に正しく合わせられている部分的な状態をさす時にいわれる。

寸法(すんぽう)

一般に物の長さのことであって、被服の各部の長さともいう。


PAGETOP