ホーム  >  きもの用語辞典  >  せ
きもの用語辞典

索引:「せ」

青海波文(せいがいはもん)

海波をかたどった割付文様。数重の同心円状円弧を魚鱗(ぎょりん)状に重ねたもの。舞楽の〈青海波〉の袍(ほう)の文様に用いられるところから、この名でよばれるという。
青海波文(せいがいはもん)画像

精好(せいごう)

地合いが緻密で精美な織物であるという精好織の名称を略したもの。

精練(せいれん)

 動植物繊維の中の雑物を取り除き、繊維としての機能をもたせること。色染をよくするための準備工程として、漂白も同時に行う事が多く、昔は灰汁を使ったが、現在は苛性ソーダや石灰、ソーダ灰を用いて煮沸する。

石帯(せきたい)

装束に用いる帯の一種。その特色は黒塗りの革帯で、飾りとして帯に石、象牙が糸で結び留めてある。

堰出し(せきだし)

染色における防染法の一つ。
堅牢な防染法のため仕上げ後の文様がくっきりと仕上がる。

せきのくつ

奈良時代に男女が履いていた靴のことで、爪先(つまさき)がことさら高いので鼻草履ともいった。

節物(せちもん)

晴れ着の俗称の一つ。正月、盆、節供等改まったときに着るものをいう。

雪駄(せった)

履物の一種。草履の裏に革をはったもの。千利休が作り始めたとの言い伝えがあるが不明である。

背縫い(せぬい)

左右の後ろ身頃の中央になるところを縫い合わせること、およびその縫い目。和服では、目だつところであり、左右に引っ張られる部分なので、まっすぐ細かい針目で縫い、縫い代は左身頃側へ倒す。縫い代の始末は、耳の場合は二度縫いまたは耳絎(ぐ)け、縮緬(ちりめん)や薄物など上等の材質では背伏せ布で包んで始末する。

背伏せ(せぶせ)

単衣(ひとえ)長着の背縫いの始末の一方法である。幅3.5センチ、長さは身丈と同寸に切った背伏せ布を、背縫いのとき一緒に縫いつけ、それで背縫い代を包んで身頃にくけつけるか、玉縁(たまぶち)のようにくける。薄地仕立てでは、美しさのために、厚地ではかさばらないための処理で、この場合は居敷当てや肩当てはつけない。背伏せ布は同色の絹、キュプラなど薄地を使うが、市販もされている。

背守り(せまもり)

和裁の技法の一種。背の衿から少し下がったところにつける糸飾り、あるいは縫いぐるみをいう。

背紋(せもん)

家紋のつけ位置による名。背縫いの上部、衿肩明きの裁ち切ったところから7cmほど下につける家紋のこと。一ツ紋といえば、背紋だけのことである。

セル仕立て(せるじたて)

和服の単衣の仕立方の一つ。特色は、印付けにチョーク、糸じるし、鏝などを利用する。

繊維(せんい)

一般にはきわめて細く、長い綿状態の総称。大きく分ければ、天然繊維と化学繊維がある。

染織(せんしょく)

染め物、織物を含めた言葉として広義に用いられる。織りと染めとは、繊維製品として関連して操作され発達し、糸を染めて織り、また布を織って染めるので、この言葉が慣用されてきている。

千筋(せんすじ)

縞柄の一種。大きさによる称。細かい縦縞で、縞糸と地糸それぞれ四本おきのもの。

仙台平(せんだいひら)

絹袴(はかま)地の一種であるが、男物袴地の総称としてつかわれる。組織は平織りあるいは平織りと斜文の混合組織とするもので、構成糸は経緯(たてよこ)とも生糸(きいと)のまま染色して使い、縞糸部分のみ※練染め糸とする。あるいは経緯とも練り糸を使うこともある。そして製織に際しては、緯糸を槌(つち)打ちするか、水に浸して打ち込み、生地のしまりをよくする。仙台平の起源は、仙台伊達(だて)藩主伊達綱村が西陣の織工小松弥右衛門を招聘(しょうへい)し、幕府、諸侯への贈答品および臣下への下賜品生産として製織を始め、御国(おくに)織りと称したが、このうち袴地はとくに精巧で諸侯の間で好評を博し、仙台平の名称で全国に知られるようになった。
仙台平(せんだいひら)画像

全通(ぜんつう)

帯の柄付けの一種で帯の端から端まで表面全体に、模様が織り出されている。

染料(せんりょう)

主として繊維製品を染色する色素の総称。


PAGETOP