ホーム  >  きもの用語辞典  >  た
きもの用語辞典

索引:「た」

大黒袴(だいこくばかま)

歌舞伎衣装の一つで、七福神のなかの大黒天のはいているような袴のこと。

対獣文(たいじゅうもん)

獅子や鹿などの動物文様を左右対称に配置した文様。飛鳥・奈良時代に伝えられ、有名な花樹対鹿文錦や獅子狩文錦が残されている。

対鳥文(たいちょうもん) 

鳥を図案化した鳥文の一種で、鳳凰や孔雀などの二羽の瑞鳥を左右対称で配置した文様をいう。

大名袖(だいみょうそで)

きものの袖形の一種で、乳児の産着の祝い着や、宮参りの晴れ着の袖である。

大紋(だいもん)

直垂の一種。大型の文様を染め抜いた麻の単。

大漁着(たいりょうぎ)

大漁のときに網主から漁師たちに配られる祝儀のそろい長着物。

誰が袖(たがそで)

模様の名称。江戸時代に模様や色彩の美しいきものを衣桁に掛けた様子を屏風に描くことが流行した。この屏風を誰が袖風とよび、模様そのものを誰が袖といった。

高機(たかばた)

腰板に腰掛け、両足で踏み木を交互に踏んで綜絖(そうこう)を上下させて織ります。
木製のもので、織り手の位置や全体の構造が居坐機(地機)より高くなっていることからこの名がある。
高機(たかばた)画像

宝尽くし文(たからづくしもん)

吉祥文様の一つ。中国で雑宝とよばれる珠、銭、磬(けい)、祥雲、方勝、犀角杯、書、画、紅葉、艾薬、蕉葉(しょうよう)、鼎(てい)、霊芝(れいし)、元宝、錠などを散らした文様

滝縞(たきじま)

縞柄の一種。形状による呼称。滝が落ちるように,太い縞をしだいに細い縞に崩したもので、左右に細くしていく〈両滝〉と、片側に細くしていく〈片滝〉がある。

抱き幅(だきはば)

和服の部位名称の一つ。前身頃の胸位置での巾をさす。女物は身八ツ口下から剣先の位置迄、男物は袖付止りから剣先の位置までの前身頃上の巾をいう。

丈かぶり(たけかぶり)

和裁における袷仕立ての際、表裏の丈の不均衡から生じるもので、表布の長すぎる場合を指す職人用語。

蛸絡げ(たこからげ)

和服の着方の一種。たこの足が内側に丸くなる格好をとり、羽織を内側に丸めて帯にはさんだ状態をいう。

襷(たすき)

和装用具の一つ。袂をからげ、仕事の能率をあげるために用いられるひものこと。

裁ち本(たちほん)

江戸時代にたびたび刊行された、衣服の裁ち方の手引書のこと。

裁着袴(たっつけばかま)

男物の袴の一種。歩きやすく実用的な袴で、武士から庶民にも広がり、江戸時代には旅装などに用いられた。伊賀袴ともいう。

立て衿(たてえり)

被布やコートの前身頃に、縦に長く付けられた布のこと。裁ち衿ともいう。

伊達衿(だてえり)

きものの二枚重ねを略して、衿の見える部分だけ二枚重ねて、あたかも二枚重ねて着ているように見せるために用いた衿のこと。重ね衿ともいう。

伊達巻き(だてまき)

和装小物の一種。帯を締める下拵え(ごしら)のため、長襦袢及び長着のおはしょりを整えた上でに巻く女子用の幅狭い単帯。

畳紙(たとうし)

和服等を包むために和紙などで作られた包装紙のこと。

伊達締め(だてじめ)

きものを着るときに着くずれを防ぐために、長襦袢などの上に締めるもの。

経錦(たてにしき)

普通は三重三色を単位とし、単位の彩経(いろだて)を浮沈交替させて文様を織りあらわした錦。中国では漢代すでに織られ、遺品も少なくない。唐代に緯(ぬき)錦の盛行により衰える。孝徳紀の伯仙錦、車形錦などは、この種の織技によるものだろうといわれる。
経錦(たてにしき)画像

立涌文(たてわくもん)

二本の曲線を相対的にふくらませたり、せばめたりして連続させる割付文様。枠形の立つ文様とも雲気などの涌き立ちのぼる形象ともいう。ふくらんだ空間に雲、波、藤、菊、松などさまざまのものをおさめて、雲立涌、波立涌、藤立涌、菊立涌、松立涌などとする。また、雲、波その他のものを立涌形にまとめた場合も同様によぶ。有職(ゆうそく)文様としても顕著で、雲立涌、藤立涌、菊唐草立涌などがある。「源氏物語絵巻」(徳川・五島本)に女性の表着、屏風裏貼(びょうぶうらばり)などとしばしばみられる。その源流は正倉院宝物の染織文様(花立涌文風通、縹〈はなだ〉地唐草花鳥文夾纈絁<きょうけちあしぎぬ>)などにあると考えられる。

手無し(たなし)

仕事着の一種。古代から庶民の衣服であった、手無し(てなし)から発達し、名匠が残ったものと考えられる。

足袋(たび)

足を覆い包む和装小物。靴下のようなもの。

太布(たふ)

穀(かじ)、楮(こうぞ)、藤などの樹皮をとって糸として織った厚地で、かたい原始的な織物。

玉糸(たまいと)

二匹以上の蚕が一緒になって、一つの繭をつくったものを玉繭というが、この玉繭から取った節の多い糸のことをいう。

玉虫(たまむし)

見る角度やひだの寄り具合によって、織物が玉虫の羽のように、色が変わって見える効果。

袂(たもと)

衣服の袖の部分名。

垂らり(だらり)

女帯の結び方の一種。お太鼓結びの輪の端と掛けを折り込まずに、そのまま垂れ下げた形をいう。

垂れ(たれ)

女帯の部分名称。お太鼓にするほうの丈の部分のこと。

段染め(だんぞめ)

横または斜めに一定の幅で無地あるいは模様を染めること、および染めたものでだんだら染めともいう。

丹前(たんぜん)

和服の一種。冬の部屋着、くつろぎ着として家庭や旅館で着る。

反物(たんもの)

大人用の和服一着分の用布を一反というが、この一反に仕上げてあるきものにする布の総称。着尺の一反は幅約37cm、長さ約12m50cmくらいが標準で、ほかに羽織に用いる羽尺がある。


PAGETOP