ホーム  >  きもの用語辞典  >  ち
きもの用語辞典

索引:「ち」

力布(ちからぬの)

和裁用語。単の長着や羽織を仕立てるときに、ほつれを防ぐためや、補強の目的で衿肩明きにつける小布のこと。

乳下がり(ちさがり)

和裁用語。肩山から、羽織の紐をつける乳の位置までの長さをいう。

縮織(ちぢみおり)

絹、麻、木綿、その他、布面を縮ませた織物である。この縮んだ名称を<しぼ>という。緯糸に強撚糸(きょうねんし)の左、右を交互に織り込んだ縮緬の両しぼ。楊柳(ようりゅう)縮緬や、楊柳クレープの片しぼ。経(たて)糸に太い糸と細い糸を使ったり、経糸の張力の相違いよって経皺(たてじわ)を出した?織などがある。

千早(ちはや)

祭服の一種。一幅の裂の中央をえぐって頭を通す貫頭衣形式のもの。

茶屋辻(ちゃやつじ)

江戸時代の大名以上の武家夫人の夏用礼服。

ちゃんちゃんこ

子供の防寒具で、袖無し羽織のこと。単に袖無しともいい、関西ではおでんちともいう。最近では老人の防寒用の室内着としたものがある。

中形(ちゅうがた)

浴衣のこと。本来は小紋、中形、大紋というように、模様の大小を表す語であったが、江戸時代になって一般庶民の間に銭湯が普及するにつれ、湯上りに中形模様の木綿のきものを着る人が多くなり、浴衣の代名詞として中形の名が通用するようになった。

注染(ちゅうせん)

生地をたたみながら型付けし、染台にのせて、上から染液を注いだ後、下から吸引して一気にしみ通らせる染め方。

中裁ち(ちゅうだち)

6〜11歳ぐらいの子供用和服の裁ち方をいう。

中振袖(ちゅうふりそで)

振袖のうち、袖丈が75〜100センチぐらいのものを中振袖といい、大振袖に対する名称である。未婚の女子の晴れ着兼礼装であるので、総模様がほとんどで、二枚襲(がさね)が本格的であるが、現今は衿だけを襲風にしている。袋帯をふくら雀の程度に結び、他の小物類も大振袖と同じにする。

昼夜帯(ちゅうやおび)

表裏異なる布で仕立てられた女性用の袷帯をいう。

朝服(ちょうふく)

有位者が通常朝廷に出仕する際の官服。わが国では大宝律令(701)の中に規定された当代を代表する服飾。

町人仕立て(ちょうにんじたて)

町人用の平袴の仕立て方、またはこの方法で仕立てた袴のことをいう。

蝶捻花模様小袖(ちょうねじばなもようこそで)

江戸時代の前衛的な美意識を表象する寛文小袖の一つ。辻が花染などに見られた模様と技法を継承しながらも、背面に大胆に配した揚羽蝶と捻花模様のデザインは、まさに「傾く」ファッションの最先端を行くなお、蝶は鎌倉・室町時代頃から再生や不死の象徴と考えられ、武家の直垂や武具のモチーフとして好まれたといわれる。

丁髷(ちょんまげ)

男性の髪の結い方の一つ。結った髷の形が「ゝ」に似ていることからの名称。

縮緬(ちりめん)

緯糸に縮緬緯といわれる強撚糸を用いて、これを右撚りと左撚りの交互に織り込み、製織後に温湯の中で揉みながら糊を抜くと、撚りが戻ろうとする力が発生して、右撚りの糸は左、左撚りの糸は右に分かれて、表面にしぼが現れる布のこと。


PAGETOP