ホーム  >  きもの用語辞典  >  つ
きもの用語辞典

索引:「つ」

対(つい)

和装の長着と羽織を同じ布で仕立てたものをいい、今日では、おそろいとかアンサンブルともいう。

対丈(ついたけ)

長着にお端折りや腰揚げをとらず、着丈と同寸に仕立てたもの。

突彫り(つきぼり)

江戸小紋の型紙を作る技法の一つで、垂直に立てて、刃部を上下させて、主に友禅の絵柄や大きい文様を彫るのに用いる技法。

継ぎ(つぎ)

布の薄くなった個所や破れに、別の小切れを裏に当ててつくろうこと、または、その小切れ(当て布ともいう)をいう。色紙つぎ、穴つぎなどの方法がある。また全く違った当て布を表から当ててつぎをし(かぶせつぎという)、つくろいをかねた一種の装飾に用いることもある。

付け帯(つけおび)

胴の部分とお太鼓の部分を別々に仕立てて、帯が簡単に締められるように考案されたもの。

付け下げ(つけさげ)

大正末期からつくられた、社交着として絵羽模様に染めたきもの。主に胸、肩、袖、裾などに自由に模様をつけ、一つ紋をつけたものは準礼装として着ることができる。生地には一越縮緬、紋意匠縮緬、夏には絽などが用いられ、最近は紬地の訪問着もある。

付け菱(つけびし)

男袴の腰板につける、ひも付け部分の三角の布のこと。

付け紐(つけひも)

子供用の長着の両前衿付けのところに、前がはだけないように縫いつける紐のこと。

付け比翼(つけひよく)

絵羽ではないが、きものに仕立て上がったときに、模様が肩山・袖山を頂点にして前身頃・後身頃の両面に、上向きに配置されるように染め上げたもの。

辻が花文様(つじがはなもんよう)

模様の輪郭を大きく絞って、その中に雲や流水などを墨絵で描いたもの。

筒袖(つつそで)

和服の袖型の一つ。袂部分のない短い筒状の袖のこと。

綴織(つづれおり)

図案を織機の経糸の下に置き、図案通りに彩色の緯糸を一本一本織り込んでいく技法である。

角隠し(つのかくし)

かぶりものの一種。明治以降、結婚式に用いられているのは、表に白の生絹、裏に紅絹(もみ)をつけている。

角出し太鼓(つのだしだいこ)

女帯の結び方の一つ。普通のお太鼓結びの変形で、お太鼓の両わきから左右にてを出した帯結びで、袋帯や名古屋帯で結ぶ。

壺装束(つぼしょうぞく)

平安時代から鎌倉時代にかけての女性の着装法の一つ。当時の女性の衣服は裾を引きずった為、外出時にはひもで腰の位置にたばね、膝まで裾を持ち上げて着付けた。

褄(つま)

長着の衽(おくみ)の衿付けどまりから裾までの間をいい、竪(たて)褄、褄下、衿下ともいう。褄先は、衿下と裾の出会う角のことであるが、現在はここの角を褄ということが多い。たとえば<褄の部分縫い>とか<褄の形>とかいう。

爪紅(つまべに)

女性の化粧法の一種で、指の先に紅をさすことをいう。

褄模様(つまもよう)

和服の模様配置の一種。おもに褄に置かれた模様をいう。宝暦(1751〜63)のころにすでに考案されていたが、流行するのは明和・安永(1764〜80)のころからで、はじめ江戸褄が、少しおくれて島原褄が流行した。前者は江戸城の御殿女中からひろめられたといわれる本来の褄模様で、後者は、京都島原の遊女の間から行なわれたもので、衿にまで大きく模様が置かれている。今日では、江戸褄後掛(がか)りといって、後ろ裾にまで及ぶ、従来の江戸褄と区別して大江戸褄という。

紬(つむぎ)

経糸、緯糸とも真綿から手紡ぎした紬糸を用い、居坐機や高機などの手織機で念入りに織り上げた、平織の絹織物。能率の低い手織機での製織のため長時間を要し、従って価格が高い着尺地。結城紬、信州紬など、産地名をつけてよばれているものが多い。外見は素朴で独特の風合いがあり、軽くて丈夫で、趣味性が高く、外出着やおしゃれ着として広く用いられている。無地ものもあるが、柄は絣や格子、縞が主。

紬糸(つむぎいと)

玉繭(二匹の蚕がつくった繭)や、屑(くず)繭を精錬し、真綿の状態にして、手で引き出して連続した糸とし、撚(よ)りをかけて巻き取ってつくらえる。生糸(きいと)に比べ、太さが不均一なので、織物にしたとき、独特な布味がみられる。手数がかかった高級品である。

詰め袖(つめそで)

袖丈が身頃に全部ついている袖、すなわち付詰め袖のことをいう。


PAGETOP