ホーム  >  きもの用語辞典  >  て
きもの用語辞典

索引:「て」

手(て)

帯結びの際の帯の部分名称。お太鼓に結ぶ時、垂れに対して、反対側の帯端をいう。

手織(ており)

動力を用いて織機ではなく、手織機を用いて手と足の力だけで布を織ること。または、織り上がった布のこと。

手描染(てがきぞめ)

筆や刷毛を用いて、染料で直接布地に絵模様を描いて染めつける方法。

手描友禅(てがきゆうぜん)

友禅染の一種。手描友禅には、糸目糊を置いた本友禅と、染料で直接に絵模様を描いて染める無線友禅とがある。

手柄(てがら)

女性の結髪の髷(まげ)にかける髪飾りの一つ。髷かけ、髷結いともいう。

手挿し(てざし)

手で彩色すること。様々な筆と刷毛を使って糸目防染された絵模様部分に色を挿していくこと。挿し友禅ともいう。

鉄砲袖(てっぽうそで)

袖の形の名称。袖口が特にせまく、主に男児のきものに用いられる。

手紡ぎ糸(てつむぎいと)

真綿から手で糸を引き出しながら紡いだ糸のこと。この糸でつくった紬の代表的なものに、結城紬がある。

手無し(てなし)

<袖無し>のことで、袖のない衣服のことである。不通は上代の庶民の日常着兼労働着のこと。今日の袖無し胴着や農作業着の祖型である。

手機(てばた)

経(たて)糸を上下に開く綜絖(そうこう)の操作を足で行ない、緯(ぬき)を杼(ひ)で通して打ち込む操作を手でする織機のこと。

手通し(てとおし)

生後3日後に、初めて袖のある産着を着せること。明治の初めまで、地方によっては新生児に袖のある着物を着せない習慣があった。

手延べ(てのべ)

経絣と緯絣を別々に、設計に基づいた本数と長さに手で延べる作業。
手延べ(てのべ)画像

手袱紗(てぶくさ)

祝儀、不祝儀用の金子包みや懐中物を包む袱紗のこと。

手細(てぼそ)

江戸時代の前半、主として女性が外出時に用いた防寒用の真綿帽子の一種。

天蚕(てんさん)

蚕の一種で山繭のことをいう。繊維は太く筋があり、光沢があって非常に強い。希少価値があり、紬の一部や絹織物の縫い取り部分などに、天蚕糸を少し加えて織るといった使い方が多い。

天然繊維(てんねんせんい)

化学繊維などの人工繊維に対し自然界に産する植物、動物、鉱物から採取された繊維の総称。

殿中笠(でんちゅうがさ)

一文字笠の事で武士が出仕、道中の際にかぶったところから名づけられた。


PAGETOP