ホーム  >  きもの用語辞典  >  と
きもの用語辞典

索引:「と」

胴裏(どううら)

袷のきものの八掛の部分を除いた、胴の裏部分のことをいう。

胴着(どうぎ)

和服用の下着の一種。綿入り仕立てで、多く防寒用として襦袢の上や長着の下に着用される。

道具彫り(どうぐぼり)

江戸小紋の型紙を作る技法の一つで、四角、三角、丸、花弁の形といったさまざまな刃先の道具(彫刻刀)で文様を押し抜いてゆく技法。

当色(とうじき)

衣服を着用する人の身分に相当する色、つまり位色のことをいう。

道中着(どうちゅうぎ)

本来は旅装束のことを指すが、現在ではきもののように衿を打ち合わせて着る型のコートを指す。

胴抜き(どうぬき)

和装の仕立ての一種、また、その仕立てをした衣服。額仕立てともいう。表着(うわぎ)や襲(かさね)下着を着たとき、表から見えやすい衿、衽(おくみ)、裾、袖口布、振り布に上等の生地をつけ、胴に別布をつけた。十八世紀末頃、襲下着に始まり、男女に用いられたが、遊女も打掛の下に普段着として用いた。回り下着、ぐるり下着ともいい、周囲を色無地にしたものを額無垢(むく)、回りの無垢、ぐるり無垢という。明治時代以降は鏡仕立てといい、これは帯の仕立て法にも利用された。

胴接ぎ(どうはぎ)

和服の仕立て方の用語に一つで、袷(あわせ)の裏の丈を胴の部分ではぐこと、もしくははいだ部分の名称。

唐服(とうふく)

歌舞伎衣装の一つで中国人の役柄の一つ。

通し裏(とおしうら)

裏布の裁ち方の一つ。肩から裾まで胴接ぎをせずに、同じ布を通して用いる。

常盤衣(ときわころも)

歌舞伎衣装で、女形の着る小袿(こうちぎ)のような形をいう。

綴じ(とじ)

二枚以上の布あるいは衣服を、普通の縫い目よりは粗い針目でとじ合わせる技術である。

褞袍(どてら)

和服の一種。職人や町人には結城紬などの上に着て、晴れ着に次ぐ姿とし、また浴衣に重ね、しごき帯を締めて晴れ着とする者もあった。

鳶八丈(とびたけじょう)

八丈島で産したところから、鳶色の地に、黄または黒の格子縞のある絹織物。無地のものもある。

留柄(とめがら)

江戸時代、各家ごとに定められ、他の使用を禁じた武家のかみしもの小紋のことの柄をさす。

留袖(とめそで)

既婚女性の正式礼装で、無地裾模様・染抜きの五つ紋付である。江戸褄ともいう。

共衿(ともえり)

長着の衿の部分の名称の一つで、掛け衿ともいう。長着の表地と同じ布で、衿の上にさらに衿肩回りから衽(おくみ)先下八センチぐらいまでの間に掛けたものをいう。衿回りのいたみや汚れを防ぐためにつけるが、着たときにいちばん目だつところなので、最も技術を要するところである。昭和の初め頃までは、庶民の女性はこの共衿の代りに、黒繻子(じゅす)などを掛ける習慣があった。

共布(ともぎれ)

色、柄、地質とも同じ布のことを指す。

共裾仕立て(ともずそじたて)

和服の仕立て方の一つ。表地を裏に引き返して、裾回しにした仕立て方のこと。

泥染め(どろぞめ)

炭酸鉄を含んだ泥で染めること。泥のみで染めたものは鈍い鼠(ねずみ)色となり、この染め色を鈍(にび)色という。植物染料によって染められた糸を泥でもう一度染め出す方法。大島紬、久米島紬などに行なわれている。植物染料に含まれているタンニン酸と泥水に含まれている鉄分とが化合して、絹繊維にタンニン鉄が形成されて、黒みを帯びた茶色になる。糸はそのためにふっくらした味わいがつくられて、しわがよりにくい。まだ化学塗料が用いられていなかった時代の経験が生んだ知恵である。

緞子(どんす)

中国宋代に始まった精妙な織物。一般には地を経(たて)の五枚繻子(じゅす。経緯が表面に出る比が四対一、つまり交差点が四方桂馬に飛ぶ組織)とし、その裏組織の緯(よこ)五枚繻子で文様をあらわすものをいう。しかし名物裂(ぎれ)では組織にとらわれず、この特徴をもつ裂をすべて緞子と総称する。

鳶(とんび)

男物の和装コートの一種。袖なしのひざ丈ぐらいのコートにケープがついており、その形が鳶に似ているところからこの名がある。


PAGETOP