ホーム  >  きもの用語辞典  >  な
きもの用語辞典

索引:「な」

長板中形(ながいたちゅうがた)

本染め浴衣地のことで江戸時代からの手染め法である。

長裃(ながかみしも)

室町時代末期から武士が麻袴を着用する際にはいていた長い袴をいう。

中着(なかぎ)

肌着と表着の間に着るものをいう。

長着(ながぎ)

普通は<きもの>といい、日本の衣装の最も主要なもので、和装の中軸をなす。袖、身頃、衽(おくみ)、衿で構成されて、前を合わせて帯を締めて着る。女子の場合は<帯付き>といって、これで正装も普段着も整うが、男子は着流しといって、これに袴(はかま)をつけて正装となる。成人用の大裁ち(本裁ち)、子供用の中裁ち、乳幼児用の小裁ちがあり、季節により、単(ひとえ)、袷(あわせ)、綿入れがある。

流し染め(ながしぞめ)

染色法の一つ。水面に染料を流し、これを棒でかきまわしたり、風を送ったりすると水面の染料が動き、曲線が表れるが、この上に布を置き、曲線を写し取る。

長襦袢(ながじゅばん)

長着と肌じゅばんの間に着る対丈の、裾まであるじゅばんのこと。袖丈は長着に合わせ、半衿を掛け、長着の裏の汚れを防ぐとともに保温の役目もする。生地は、正装用には綸子、羽二重、富士絹などを、ふだん着にはモスリンやアセテートを用い、夏用には絽や麻を使う。礼装用には白地を用いるが、普通の長着には色や柄染のものを用いる。

長浜縮緬(ながはまちりめん)

琵琶(びわ)湖の東、滋賀県長浜市を中心に生産される縮緬の総称。浜縮緬ともいう。とくに後染め用白生地として最も需要の多い*一越縮緬が名高く、生糸(きいと)による高級品をつくっている。

長持ち(ながもち)

収納家具の一種。江戸時代に婚礼用具として普及した。

流れ(ながれ)

長着の剣先から衿付け止まりまでの斜めの個所をいう。

投げ(なげ)

袴の部分名称。

名古屋帯(なごやおび)

背部のお太鼓の部分は並幅で、胴まわりになる部分を半幅に縫い合わせて仕立てた、総丈約3mほどの女帯。大正5年ごろ、名古屋で考案されたので、この名がある。

捺染(なっせん)

広儀には、糸、布の全体を同一色に染める浸染に対して、部分を染めることで、おもに模様をあらわす染色法の総称である。模様をあらわす方法により、直接捺染法、抜染法、防染法などに大別するが、糸、布に、染料を含んだ糊(捺染糊)を直接捺染法を、狭義に捺染という。

夏帯(なつおび)

五月の単の時期から、盛夏にかけて着る羽織で、通気性のある生地を用いる。

七寸模様(ななすんもよう)

裾模様の一種。模様の位置によるよび名。裾から七寸(約21cm)ぐらいの位置に置かれた模様。

生紬(なまつむぎ)

精練を半分よりしていない紬糸を用いた織物。主に夏のきものや帯地に用いられ、地厚なものはひとえの季節に、薄手で透けるものは盛夏用になる。

並縫い(なみぬい)

運針のこと。和装では最も基本的な縫合せ技術である。短針を中指の指ぬきに当てて縫う方法と長針を手のひらの中指のつけ根に当てて縫う方法があり、前者は立て針といい、比較的薄い地質や絹物に、後者はつかみ針といい、厚手木綿や刺し子などを縫うのに用いる。両手で布を張り、右手の人差し指と親指で針を押さえながら、手の上下動によって一針ずつ針を進める。流れ針にならず表裏そろった針目でまっすぐに縫うのがいい並縫いである。

並幅(なみはば)

和服や寝具の反物の普通幅を意味し、小幅ともいう。通常36センチぐらいが普通である。

奈良足袋(ならたび)

表裏の間と底の間に薄く真綿を入れた白足袋のこと。

業平格子(なりひらごうし)

幾何模様の一つ。平安時代の歌人として有名な在原業平が衣装の地紋として用いた業平菱に格子を配したもの。

南蛮風俗(なんばんふうぞく)

一六世紀〜一七世紀にポルトガル人、スペイン人によって日本にもたらされたヨーロッパの風俗。


PAGETOP