ホーム  >  きもの用語辞典  >  に
きもの用語辞典

索引:「に」

匂い袋(においぶくろ)

丁子(ちょうじ)、麝香(じゃこう)、白檀(びゃくだん)などの香料を入れた錦(にしき)、金襴(きんらん)などの織物の袋。腰下げ、懐中物にしたほか、衣装の間に入れた。古代の薬玉(くすだま)の変化したもので、江戸時代にはきものの袖の形にした誰(た)が袖というものを用いた。現在でも女性のみだしなみとして用いられている。

肉襦袢(にくじゅばん)

歌舞伎の舞台では肌をあらわに出すことが禁じられていたため、体に
密着して着られる、肌色のシャツおよび下ばきのこと。

錦(にしき)

いろいろの色糸を使って、文様を織り出した多彩色の織り出した多彩色の織物の総称。

西陣織(にしじんおり)

京都西陣から産出する織物の総称。一般には美術工芸品に属する高級織物で、日本の織物の代表的名称としてつかわれる。

二重太鼓(にじゅうだいこ)

袋帯、丸帯、昼夜帯などを太鼓結びにすると太鼓部分で帯が二重になることをいう。

二引(にびき)

歌舞伎衣装の一つで軍兵(ぐんびょう)の役をあらわす衣装。

二部式(にぶしき)

本来はひと続きのきものや帯、長襦袢を、利便のために二つにわけて仕立てたもの。

日本髪(にほんがみ)

わが国在来の女性の髪型の総称。明治時代以降の洋風の髪型に対し、江戸時代に一般的であったものをさしていた。

二枚重ね(にまいがさね)

和服の着方の一つ。女性の盛装に、重厚さと色彩の効果を目的に重ねて着ること。

女房装束(にょうぼうしょうぞく)

平安時代、宮中奉仕の女房の服装をいう。日常、宮中内で生活するため、男子の束帯に相当する朝服をさす。

人形(にんぎょう)

男物着物又は男物襦袢の袖の袖底から袖付留までの間をいう。


PAGETOP