ホーム  >  きもの用語辞典  >  ぬ
きもの用語辞典

索引:「ぬ」

縫いぐけ(ぬいぐけ)

2枚の布のくけ代を内側に合わせ、折り山から1〜2ミリ内側を5ミリぐらいの針目で、糸がながれないように布をすくったもの。着物の衿、褄下、羽織の衿等をくけるときに使う技法

縫いぐるみ(ぬいぐるみ)

歌舞伎衣装の一つで、動物に扮する時の衣裳。

縫い躾(ぬいじつけ)

縮緬(ちりめん)など、布自体の重さのために縫い目の*きせがとれるのを防ぐため、袖口合せ、共衿のつけぎわ、袖合せ、内揚げに*ぞべ糸4〜5ミリ間隔に、小針を表に出しておさえの躾をかける。これを縫い躾、またはなまって縫いびつけといい、着用時もとらない躾である。

縫い絞り(ぬいしぼり)

絞り染の一種。布を縫い、縫い糸を引き締めて染色する方法。

縫い紋(ぬいもん)

白糸、色糸、金・銀糸などで刺繍してあらわした紋をいう。正式の*染抜き紋に対して、略式の三つ紋または一つ紋とする。一般に、けしぬいといって細かい針目で刺してぬう。男子はお召、紬(つむぎ)などの無地羽織に、女子は綸子縮緬(りんずちりめん)などの羽織や訪問着に用いられている。

緯糸(ぬきいと)

緯糸(よこいと)と同じ。

抜衿(ぬきえり)

衿の後ろを背中の方へ落として着る和服の着方。

抜き衣紋(ぬきえもん)

和服の着装法の一種。衿の後ろを背中のほうに落として着る事で、現在は女性の着方の一つとなっている。

抜き紋(ぬきもん)

礼装に用いる、紋を染抜いて現す正式の紋。染抜き紋に同じ。白生地を染める前に紋の形をゴム糊で置いて、染色する誂え染と、染上がった生地に、後から抜き剤で紋の部分を染め抜く方法がある。

布(ぬの)

現在では広く織物類の総称となっているが、古くは麻織物をさした。

絖(ぬめ)

生糸で繻子組織に織り、後練りした絹織物。

濡れ緯(ぬれぬき)

湿らせた緯糸のこと。濡れ緯を用いて織ることで、よくしまり、しっかりとした生気地になる効果がある。


PAGETOP