ホーム  >  きもの用語辞典  >  の
きもの用語辞典

索引:「の」

直衣(のうし)

天皇はじめ貴人の平常服。直装束、直衣装束ともいう。

能装束(のうしょうぞく)

能を演ずるときに用いる衣装とその付属品の総称。

熨斗目(のしめ)

練緯(ねりぬき)の一種。経生糸(たてきいと)、緯(ぬき)半練り糸による平織りによる織物。これで仕立てた小袖を熨斗目ともいう。男子礼服の小袖や能・狂言衣装に用いる。

野袴(のばかま)

江戸時代、武士が足袋や遠乗り、遠出の際にはく袴。袴の裾にビロードや絹天でへりをとってあるのが特色である。

呑込袴(のみこみばかま)

歌舞伎衣装で、のっこみ袴ともいう。

糊置き(のりおき)

模様をあらわす目的をもって防染糊、色糊、抜染糊を被染材の上に置くこと。*型置きの別名。糊つけともいう。

糊染め(のりぞめ)

糊を仲立ちして行なう染色。糊場(糊をつけたところ)を白くだす目的の糊を防染糊といい、糊場を染める目的の糊を色糊という。防染糊には水に容易に溶ける糯(もち)米糊(略して米糊)と、小麦粉、蕎麦(そば)粉、大豆粉、豆腐などに石灰や明礬(みょうばん)を加えた水が不溶解の一珍(いっちん。一陳)糊とがあり、技法によって型紙を使う型染めと筒描きとに分かれる。染め物の多くは糊染めである。紅型、友禅、小紋などに代表される。

糊流し(のりながし)

直接捺染(なっせん)の一種。糯(もち)米、小麦粉、生麩(しょうふ)その他の澱粉(でんぷん)を糊につくって木箱に流し、染料を滴下して、竹の棒で縦、横あるいは渦状にかき混ぜると、染料は糊に混じって濃淡のある流線を描く。その上から布をあてて転写すると、墨流しに似た図が染められる。

野良着(のらぎ)

農村における仕事着の総称。

糊伏(のりぶし)

友禅染などにおいて地色を染める為に柄の部分を糊防染すること。

糊伏せ(のりふせ)

染色工程の一つ。友禅染の場合、地色染を行う前に、模様の色挿しの部分に防染糊を置いて、防染する工程を指す。


PAGETOP