ホーム  >  きもの用語辞典  >  は
きもの用語辞典

索引:「は」

媒染(ばいせん)

染色を行うとき、繊維に染着、発色しない染料の場合、薬品を用いて染色の媒介をすること。

羽裏(はうら)

袷羽織・袷コートの裏地に用いる布地。

羽織(はおり)

「はふりきる」が語源の、きものの上に着る丈の短い衣。身丈は流行によって変わり、衽に相当するものはなく、衿のあきからまっすぐ前を裁ち落として衿をつけ、脇に襠を入れて身幅にゆとりを持たせ、胸もとで紐を結ぶ。また、衿は通常外側に折り返して着る。

羽織紐(はおりひも)

羽織の胸あたりにつける紐。

羽織袴(はおりはかま)

上衣には羽織を、下衣には袴を着用した着装のことをいい、男子用礼装である。

博多織(はかたおり)

福岡県博多市やその周辺で生産される絹織物。太い緯糸を経糸でくるむようにして織られたもので、横に強い直線の畝(うね)が現れるのが特徴。

袴(はかま)

古墳時代にその祖型が見られる、腰から足までをおおう、ゆったりした衣。襠のある馬乗袴と、襠のない行灯袴などがある

袴着の祝い(はかまぎのいわい)

男性の通過儀礼の一つで、5歳の男子を祝う行事。

端切れ(はぎれ)

きものなどを裁った際に出る残り裂。これを利用した小物などもある。

箔(はく)

一般に金、銀、プラチナ等、合金をたたき伸ばしてきわめて薄い片としたものを総称する。

箔糸(はくいと)

和紙に金箔を張り付けて、ごく細く裁断したもの。帯地にも緯糸として用いられ、華やかさを添える効果がある。

箔置き(はくおき)

箔押し、古くは摺(すり)箔ともいった。金属箔を布地に部分的に粘着させて模様をあらわす操作である。

箔衣(はくぎぬ)

女性装束の一種で、箔をすり込んだ衣のこと。

白描(はくびょう)

墨一色で図柄を布に描くこと、あるいは描いたもの。

筥迫(はこせこ)

懐に入れて持つ女物装身具。紙・櫛・楊子・小銭などを入れるもの。最初は紙入れだったが、だんだん携帯用の装飾品となる。

婆娑羅風(ばさらふう)

おごりたかぶった姿のことをいう。鎌倉時代の風俗。

羽尺(はじゃく)

羽織用に織った反物のこと。

端尺(はじゃく)

規定の長さのない和服地、短尺ともいう。機織りの織終りに残る端切れや、何か仕立てたあとに残る端切れで着尺(長着がちょうど仕立てられる長さ)だけないもの。

芭蕉布(ばしょうふ)

糸芭蕉の繊維で織った布。沖縄本島喜如嘉を主に、竹富島に産し、夏の着尺地、座布団地、蚊帳(かや)地などに用いられる。茎から皮を取り、それを木炭(あく)を煮つめた液につけて、また煮出し、皮の不純物を除去する。水洗い後、竹製の道具で皮をしごき繊維質だけにする。その後、糸染めをするが染料にはテカチ(奄美大島ではテーチキ。車輪梅のこと)と泥藍(どろあい)の植物染料を用いる。絣(かすり)の場合は括(くく)り絣の技法によって糸染めしてから織る。芭蕉布は宮古上布、八重山上布、久米島紬などとともに江戸時代貢納布として織り続けられてきたものである。

肌襦袢(はだじゅばん)

長襦袢の下に着用し、肌の汚れや汗を取るための和装用下着。

機末(はたすえ)

織機にかけた布地の最後の個所をいい、「はたすね」ともいう。

ばち衿(ばちえり)

女物長着や襦袢の衿の一種。衿幅が衿肩の部分から衿先まで広がるもの。衿肩回りは衿幅5.7センチ(1寸5分)、剣先の位置で6.5センチ(1寸7分)、衿付止りで7.5センチ(2寸)と衿幅が斜めに広がる。三味線の撥(ばち)になぞられての名称。

襪(ばつ)

足袋、靴下などの足を覆う衣類をいう。

八掛(はっかけ)

女物の袷長着や綿入れなどの、裾や袖口の裏につける布地のこと。裾回しともいう。もとは上方語で、八掛の八は、衽、前身頃、後ろ身頃、衿先に左右二枚ずつ合計八枚に裁ったところからつけられた名称である。後に袖口にも同じ布を用いるようになったので、現在は十枚裁ちである。並幅で約三メートル八〇センチを使う。表地と調和した地質や色を選ぶことが大切である。

八寸名古屋帯(はっすんなごやおび)

幅八寸(約30センチ)に製織し、縫製しないで結びの部分のみ折り返してかがった、厚地織の帯。

法被(はっぴ)

日本の伝統衣装で、祭などの際に着用し、また、職人などが着用する印半纏のこと。元々、武士が家紋を大きく染め抜いた法被を着用したのに始まり、それを職人や町火消なども着用するようになった。

鼻緒(はなお)

下駄や草履などの履物にすげた緒、あるいはつま先の指にかかる部分をいう。

花織り(はなおり)

沖縄で織られる特有の浮き織物をいう。経糸か緯糸を浮かせて、小さな四角の点模様を織り表す。

花簪(はなかんざし)

女性や子供が花見の際に頭の髪にさす造花でつくった紙製の簪をいう。

花見幕(はなみまく)

本来は、花見の時に張る、宴のための幕のこと。小袖幕、花見小袖ともいう。

花結び(はなむすび)

組紐による、飾り結びの一種。衣服、袋物、水引、茶壺や社寺などの幕に飾りとして用いる。

花嫁姿(はなよめすがた)

花嫁衣装ができるのは室町時代になってからで、それまでは礼服、盛装の姿であった。室町時代、小袖、帯に打掛姿が成立してから、神聖なものとして白地の表着、帯、打掛姿になった。

脛巾(はばき)

武官が礼服を着用するときにはく具。

羽二重(はぶたえ)

経糸・緯糸に良質の撚りのない生糸を用いて、多くは平織りの後練りの絹織物。肌ざわりがよく、つやがある。礼服や羽織・羽織裏・胴裏などに用いる。

腹掛け(はらがけ)

身体の前を胸から腹部まで覆うもの。職人賀制服のように用い、商人や農民もしばしば用いた。

針供養(はりくよう)

裁縫の上達を願って娘たちや仕立て職の人などが針を休め、折れた縫い針などを集めてこれを供養する行事。

貼雑ぜ(はりまぜ)

種々の書や画を屏風などに混ぜて貼り合わせること。

晴れ着(はれぎ)

特別な日に改まって着る着物。社会の行事や特別な社交の日に、普段着とは違ったものを着ることは万国共通である。

半衿(はんえり)

長襦袢の本衿の汚れを防ぐために掛ける衿のこと。

半襦袢(はんじゅばん)

長襦袢の上半分に相当する、体の上半分に着用するもの。

半天(はんてん)

きものの上に防寒、あるいは職業を表すために着る上着。

半幅帯(はんはばおび)

女帯の一つ。15センチ(4寸)幅位に仕立てた帯。普通の帯の半分の幅のために名がついた。ゆかた・普段着・羽織下などに用い、文庫などに結ぶ。袋帯になったものを小袋帯という。


PAGETOP