ホーム  >  きもの用語辞典  >  ひ
きもの用語辞典

索引:「ひ」

疋・匹(ひき)

布の単位で、並幅物の反物二反分の長さを一疋という。

引き返し(ひきかえし)

裁縫用語。引き返し仕立の略語である。表地と同じ布地を裾から裏に引き返し、裾回しとして仕立たきもの。

引き染め(ひきぞめ)

染織法の一つ。刷毛引きで地色を染める方法。浸染に比べて染料が少なくてすみ、色彩が自由に表現できる。

引直衣(ひきのうし)

天皇が日常着用される直衣で、御引直衣ともいう。

引き纏り(ひきまつり)

布に丸みをつくるようにまつる方法で、針を出した横からわずかに戻して糸を刺す。

庇髪(ひさしがみ)

女性の洋式束髪の一つ。1904年、欧米を巡業して帰国した川上貞奴が結ったことに始まり、女学生の間に人気を呼んだ。

日晒し(ひざらし)

河原、草原などの上に麻布などをひろげ、日にさらして漂白する原始的な方法。

浸し染め(ひたしぞめ)

染料の溶液の中に、布地や糸を浸して染めること。江戸中形、絞り染、絣糸の色染などに用いる。

直垂(ひたたれ)

元は庶民の平服である。鎌倉時代から武士の衣服となり、室町時代以降には武士の公服となった男性の衣服。

左褄(ひだりづま)

和服を着たときの一種のしぐさ。

単衣(ひとえ)

袷に対する語で、裏をつけず、単仕立てにした衣類の総称。古くは、更衣(衣更)といって、袷から単に着替える日がきまっており、六月と九月は、御召、縮緬などの袷と同じ生地の単仕立てのきものを、七、八月は絽、紗、上布、麻縮などの薄地の単を用いた。更衣は日本の風土に合わせたもので、初夏と初秋に着る単と、盛夏に着る単仕立てがある。なお、垂領(たりくび)で袿形(うちきがた、うちぎがた)の衵(あこめ)の下に男女ともに着用した、裏のない古服のことも単と呼ぶ。

単帯(ひとえおび)

女帯の一種。裏をつけない織りの帯。明治時代より、おもに夏用として用いられ、博多織、綴織りのものが多い。

単仕立て(ひとえじたて)

裏をつけずに仕立てる方法。夏のきものやウールは単仕立てにする。

一越(ひとこし)

越は緯糸の本数のこと。経糸は一本、二本と数えるのに対し、緯糸は一越、二越と数える。

一越縮緬(ひとこしちりめん)

右撚り糸と左撚り糸を1本おきに緯糸に用いて交互に織りこんだ縮緬。「越」とは緯糸の数を表す単位。

単羽織(ひとえばおり)

夏季着用する裏をつけない、単衣仕立ての羽織りのことで、夏羽織ともいう。

一つ前(ひとつまえ)

和装の木双方の一種。重ねて着て一度に打ち合わせる着方をいう。

一つ身(ひとつみ)

産着から、一・二歳の幼児用のきものの総称。後ろ身幅を並幅一幅で仕立て、後ろ中央に背縫いがないのでこの名がある。

一つ紋(ひとつもん)

きものや羽織の背に一つだけつける紋のことで、背紋ともよばれる。

日向紋(ひなたもん)

定紋(じょうもん)に用いる紋で、白く染め抜きにし て表したもの。表紋(おもてもん)。

緋袴(ひのはかま)

女官が日常的に用いた深紅色の長袴。

被布(ひふ)

半コートのような外衣。衿肩に丸い小衿を、上下の前身頃に竪衿をつけ、留め具に房のついた飾り紐がついている。

病衣(びょうい)

病人が療養の目的で使用する衣服の総称。

漂白(ひょうはく)

天然の繊維はいくらかの色を含むので、それを分解あるいは変化させて白くすること。

比翼(ひよく)

同じ形の布が二枚重なっている状態が、二羽の鳥が互いに翼を並べている比翼のように見えることからこの名がある、比翼仕立ての長着の重ね物では下着にあたる部分のこと。比翼仕立て・・・袷の長着の衿、裾、袖口、振りなどに、下着の布を重ねて縫いつけ、二枚重ねを着たように見せる仕立て方で、「人形仕立て」ともいう。

比翼仕立て(ひよくじたて)

きものの衿・裾・袖口・振りなどに、下着の布を重ねて縫いつけ、二枚重ねを着たように見せる仕立て方。

平織(ひらおり)

経糸と緯糸が一本おきに交差したもので、最も一般的な織り方である。生地に裏表がなく摩擦に強くて丈夫。織物三原組織のひとつ。

平繍(ひらぬい)

日本刺繍(ししゅう)で、糸と糸との間隔をあけずに縫い埋める刺し方。

平絽(ひらろ)

絽織で、からみ織り以外の部分を、平織で織ったもの。

広衿(ひろえり)

女物のきものの衿の一種で、普通の衿幅(棒衿)の二倍に仕立て、半分に折って着用する。

広袖(ひろそで)

和服の袖型の一種。袖口下を縫いふさがず、袖丈いっぱいに開いた袖のこと。

ビロード(びろーど)

二重織で表面が毛羽または、輪奈で覆われている。天鵞絨(びろーど)、ベルベットに同じ。中国では光沢が天鵞の羽に似るというのでこの字を当てた。わが国では正保〜慶安年間(1644〜52年)の頃に輸入された布地に、輪奈を作るための針金が残っていたことから織り方を発見し、京都西陣で織り始めたという。

紅型(びんがた)

型染の一つ。沖縄で生産される南国色豊かな、多彩で華麗な染物。紅型とは、紅色だけでなく、広く色彩一般を意味する。旧琉球王家の服制と関連して発達したものが、民俗染色物として一般に普及した。生地は、縮緬、綸子や平絹、紬などの絹織物のほか、綿布、麻布、芭蕉布などがある。染料には朱、丹、えんじ、黄土、墨、群青などの顔料のほか、琉球藍、福木、蘇芳などの植物染料が用いられる。文様は、中国の影響も見られるが、雪持ち笹、桜、梅、柳、あやめ、燕、蝶など。友禅染と類似するものが多い。しかし、その配列や色彩は南国特有のものである。藍一色で染めたものは、藍型という。
紅型(びんがた)画像

鬢削(びんそぎ)

女性が成人になるしるしとして垂髪(すいはつ)の髪の毛をきりそぐこと。


PAGETOP