ホーム  >  きもの用語辞典  >  ふ
きもの用語辞典

索引:「ふ」

風合い(ふうあい)

布地の総合的なよしあしを感覚的に評価する用語。

風通織り(ふうつうおり)

織物の表裏がそれぞれ別に一色ずつの織物組織をつくり、表裏二重組織となり、模様が構成されている組織。

舞楽装束(ぶがくしょうぞく)

舞楽は平安初期に発達した雅楽を伴奏とする舞踊である。舞楽の上演における舞人(まいにん)、楽人の一切の衣装を舞楽装束という。

ふき

袷(あわせ)または綿入れの衣服の袖口および裾の縁(へり)で、裏布が表より出た形に仕立てられている部分の事である。表布の汚れやいたみを防ぐための工夫であるといわれるが、表地との配色の効果も大きい。ふきの分量は時代の好みで変化し、現在は袷長着の袖ふきは0.2センチ弱、裾ふきは0.3センチ前後である。花嫁衣裳の打掛や、舞台衣装のなかには裾ふきが4センチのものもある。

吹前髪(ふきまえがみ)

女性の髪形の一つ。結髪の前髪に鯨のひげを芯に入れて立たせ、その上を元結いで結んだもの。

吹き寄せ文(ふきよせもん)

種々の形象を集めた文様であるが、とくに楓、銀杏、松葉、椎などの秋の木の葉が木枯らしに散ってやがて一か所にふき集められたふうの文様を指す。

吹輪(ふきわ)

女性の髪の結い方の一つ。上層の若井女性の髪形で、髷(まげ)の輪をふっくらと大きく結ったもの。

袱紗帯(ふくさおび)

江戸時代より大正時代において、羽二重、綸子、縮緬などのやわらかい生地で仕立てた腹合わせ帯をいう。

含め綿(ふくめわた)

袖口や裾のふきに含ませる綿のことで、衿下や振りに薄く入れる綿を指すこともある。

覆面(ふくめん)

布帛(ふはく)で顔を覆い隠すこと、またはその布。室町時代以降、江戸時代初めまで流行した。人に顔を見られないよう、あるいは寒気を防ぐために目だけを残して顔を包んだため目計り頭巾(めばかりずきん)と呼ばれた。

袋帯(ふくろおび)

二重組織で、帯の表裏両面を続けて、袋のように両方の縁をふさいで帯幅に織り上げた女帯のこと。明治後期、重くて締めにくい丸帯の代用として生まれ、現在では、丸帯に代わって礼装、盛装に用いられることが多い。並幅のもののほかに中幅の中袋帯、半幅の小袋帯(羽織下帯)、また男子の角帯がある。

袋名古屋帯(ふくろなごやおび)

女帯の一種。昭和初期、袋帯の仕立ての簡単さ、および名古屋帯の軽さの長所を活かしたものとして考案され、昭和30年以後、軽くて締めやすいため、普及した。

節糸(ふしいと)

玉繭からつくった節の多い生糸(きいと)をいう。

衾(ふすま)

寝具の一種。平安時代になると袖、衿つきのものができ、これを直垂(ひたたれ)といった。

伏縫い(ふせぬい)

和服裁縫の基礎縫いの一種で、縫い代を押さえるのに用いる。

双子織り(ふたこおり)

片撚りの糸を二本合わせて諸撚りにした糸で織った平織りの綿布。

打裂羽織(ぶっさきばおり)

男子用の羽織の一種。背縫いが裾から背筋まで縫い合わされていないもの。

太物(ふともの)

江戸時代、絹織物を呉服といったのに対して、麻や木綿の織物は、織糸が絹よりも太いため、太物と呼ばれた。

フランネル

毛織物の一種。本来は羊毛を平織、または綾織にし、圧縮して起毛したもの。

振(ふり)

女物のきものの部分名称。袖付けから袖下までの、あいた部分のこと。

振袖(ふりそで)

袖丈の長い、未婚の女性の第一礼装のきもの。袖丈の長さによって大振袖(三尺=1m14cmぐらい)、中振袖(二尺八寸=1m6cm)、小振袖(二尺二寸=83cmぐらい)がある。現在では、背の高さに合わせて長めに袖丈を決めることが多い。

風呂敷(ふろしき)

物を包んで持ち運ぶための正方形の布で、銭風呂の流行により、それまでの平包みから転じたもの。

文化帯(ぶんかおび)

女帯の一種。当胴の部分と、お太鼓などの結び目の部分とが別仕立てになり、簡単に締められる帯をいう。

深沓(ふんごみ)

藁沓(わらぐつ)の一種。膝まで筒状に編み上げた藁製の長靴。

文庫結び(ぶんこむすび)

女帯の結び方の一種。若い女性が浴衣や普段着の際に、締める方法で蝶々結びの一種。掛下文庫ともいう。

扮装(ふんそう)

人間の姿を飾りつくること、あるいはその装いをする行為およびその装飾のこと。


PAGETOP