ホーム  >  きもの用語辞典  >  へ
きもの用語辞典

索引:「へ」

兵児帯(へこおび)

男性や子供が用いる扱帯のこと。並幅の用布をそのまましごいて胴のまわりに二回まわし、後ろで花結びにする。

糸瓜衿(へちまおり)

コートの衿型の一つ。衿の形が植物のヘチマに似ているので由来

別染(べつぞめ)

特別に誂えて染めること。あるいは、好みの色や柄を注文して染めたもののこと。

別珍(べっちん)

綿ビロードの一種で、ベルベッチンが日本語化した名称。広幅ものは服地に、小幅ものは丹前や半纏の衿地、以前は、下駄の鼻緒や足袋に多く用いられた。

紅師(べにし)

紅染めを専業としする染め屋。紅屋、紅染め師ともいった。

紅染(べにぞめ)

紅色に染色することをいい、古くは、植物の茜を用いた。その後、紅花を用いるようになり、その技術の発展とともに、うこんで下染し紅花で上染する方法で、ついに京染をそめるまでに進歩した。紅花で染める紅染を他の染めと区別して、紅花染、紅染、本紅染などという。

箆(へら)

絹、綿、麻などの天然繊維の布地などに印つけをする用具。

偏衫(へんさん)

左肩から右腋を覆う僧衣。

別染め(べつぞめ)

特別に誂えて染めること。あるいは、好みの色や柄を注文して染めたもののこと。


PAGETOP