ホーム  >  きもの用語辞典  >  ほ
きもの用語辞典

索引:「ほ」

袍(ほう)

装束を構成する表着(うわぎ)のことをいい、うえのきぬともいう。

法衣(ほうえ)

仏教教団の僧尼が規定によって着用する衣服で、僧服、法服、衣ともいう

棒衿(ぼうえり)

和服長着の衿の一つ。男物長着。浴衣などの衿は棒衿。

宝髻(ほうけい)

女性の髪飾りの一種。奈良時代、律令制により、五位以上の内親王の礼服着用の際に用いるもの。

布袴(ほうこ)

指貫(さしぬき)の別称。はじめは布製であったため布袴の名前がある。

紡錘(ぼうすい)

糸に撚りをかけるための錘。土や石、骨などでつくった阪急、あるいは球状のもので紡績機械の付属具。わが国において古くから行われている紡糸法で、弥生時代のものが残っている。

防染(ぼうせん)

捺染法の一つ。糸、布に、防染糊を印捺したのち地染めをして模様をあらわす方法。

訪問着(ほうもんぎ)

大正末期からつくられた、社交着として絵羽模様に染めたきもの。主に胸、肩、袖、裾などに自由に模様をつけ、一つ紋をつけたものは準礼装として着ることができる。生地には一越縮緬、紋意匠縮緬、夏には絽などが用いられ、最近は紬地の訪問着もある。

暈し染め(ぼかしぞめ)

染色技法の一つ。一方を濃く一方をうすく順次に染めること。

解し織り(ほぐしおり)

経て(たて)糸を整経したのち、あらく緯糸(よこいと)で仮り織して、これに文様を捺染してから仮り織りの緯糸をとり除き、本織りをした一種の絣織物。

綻び(ほころび)

糸が切れたために、衣服の縫い目や留めが開くこと。

細長(ほそなが)

嬰児(えいじ)の産着。平安時代から用いられた。

細袴(ほそばかま)

幕末、洋式調練の際、現在のズボンのようにはいた陣股引きをいう。

保多織(ほたおり)

江戸初期から高松藩で織られた絹織物。丈夫なところから多年保つといった理由から<保多>と命名された。

本絎け(ほんぐけ)

和服の基礎縫いの一つで、出来上りがちょうど裏側から並縫いをして、表に返した状態を、表側からする方法。

本塩沢(ほんしおざわ)

本塩沢は、塩沢紬とともに塩沢産地の代表的な織物で、これまでは「塩沢お召(めし)」の名で広く親しまれています。
本塩沢(ほんしおざわ)画像

本繻子(ほんじゅす)

精練した絹糸を用いて織った繻子織物をいう。

本染め(ほんぞめ)

合成染料の染めに対して、本来の染めの意で植物染料による染めを指し、昭和初期に使われたが第二次世界大戦後、合成染料の発達とともにこの語はすたれた。

本裁ち(ほんだち)

着尺地一反全部を使って大人用きものを一枚仕立てる裁ち方のこと。

本多髷(ほんだまげ)

男性の髪の結い方の一つ。丁髷(ちょんまげ)の古名で、文金風から転じた。

本辻(ほんつじ)

江戸時代に中瓠覆舛紊Δ蹐Α飽幣紊慮翕遜中が用いた夏の帷子(かたびら)。

本縫い(ほんぬい)

仮縫いに対して、縫い替えないという意味で、仕上げるために縫うこと。

本振袖(ほんふりそで)

袖丈が最も長い総模様の振袖で、今日では婚礼衣装として着用される。


PAGETOP