ホーム  >  きもの用語辞典  >  ま
きもの用語辞典

索引:「ま」

前衿裁ち(まええりだち)

子供物のきものの裁ち方の名称である。前身頃から衿元を裁つのが由来。

前帯(まえおび)

帯の結び方の一種。女帯の結び方を前にした結び方。江戸時代には留袖、お歯黒とともに元服後の女子の装いでもあり、また既婚者であることのしるしであった。

前下り(まえさがり)

前身頃の脇から衿付に向かって斜めに長くなっている部分。裾線を水平に設定すると、着用したとき、前身丈は後身丈より短かくなる。その前後の差を前下りとして前裾に加え、着装の際、裾線が水平になるように仕上げたもの。羽織、長襦袢などに用いる。

前垂れ(まえだれ)

衣服を汚れやいたみから守るため、腰から下に前に下げる布。

前幅(まえはば)

和服の各部の名称の一つで、前身頃の裾の幅のことである。またその寸法をいう。

前身(まえみ)

前身頃の略。後ろ身頃に対して身体の前面を覆う身頃をいう。前身頃には右前身頃と左前身頃がある。

撒き糊(まきのり)

模様染めの糊置き技法の一つ。布面に粒状の地模様をあらわした染め。

髷(まげ)

男女の紙を頂に束ね、髻を結ったものを折り返して曲げた部分。

襠(まち)

衣服を作るとき、布幅の不足する部分を補う布のこと。和装では羽織や被布などの脇に入れる布のことを指す。袴や袋物などにも多く用いられる。

待ち針(まちばり)

裁縫用具の一種で主要なもの。長い距離を縫ったり、くけたりするときに、その途中の布を固定させ、縫い針の運びを能率よくするために、留めておくのに用いる針である。用布の中に入れ込まないように針の頭にプラスチック製の花形や玉がついている。和装用には針が細く、長いものが使いやすい。

松葉模様(まつばもよう)

松の葉を文様化したもの。松葉散らし、落ち松葉、敷き松葉などがあるが、松葉小紋は、江戸時代、徳川綱吉の留柄として一般の使用は許されなかった。有職(ゆうそく)織物にも松葉襷(だすき)などがある。

纏り(まつり)

裁縫の基礎縫いのうち、布の始末の仕方の一種。元来、洋裁の技法であるが、和裁では折り山を押さえたい時に用いる。

まつりぬい(まつりぬい)

日本刺繍の刺し方の一種。纏(まと)いぬいともいう。アウトライン・ステッチとサテン・ステッチの中間的方法で、多様な太さの線を表現する。

豆足袋(まめたび)

小さいことを豆というが、豆足袋は幼児のはく指先の割れていない足袋で、ひも足袋型である。

守り袋(まもりふくろ)

袋物の一種。守り札を入れてつねに携帯する袋。材料は錦、金襴、緞子などが用いられる。

丸洗い(まるあらい)

被服を洗うとき、その縫製を解かずに、そのまま洗うこと。解き洗いに対する語。

丸帯(まるおび)

女帯の一種。一枚の広幅の帯地を二つ折りにして、一端を絎ケ合せた帯。丸帯は、重くて締めにくい為、昨今、花嫁衣装などの礼装用の限定され、軽い袋帯が代用されている。

丸絎(まるぐけ)

綿などを芯に入れて、丸く棒状に仕上がるようにくけること。また、そのひもや帯、帯締めのこと。

丸袖(まるそで)

きものの袖形の一つ。袂が丸くなっている袖。

真綿紬(まわたつむぎ)

真綿は絹の一種で、蚕の繭を煮た物を引き伸ばして綿にした物である。室町時代に木綿の生産が始まる以前は、綿という言葉はこの真綿を指した。真綿紬の代表といえば結城紬。一反の反物には蚕の繭が4,000〜5,000個も使われ、糸に緊張を与えないように人の手で丹精を込めて撚り上げて作られる。まさに、多くの生体と洗練されし技術の融合である。

万筋(まんすじ)

縞柄の一種。大きさによる称。千筋よりもさらに細かく、縞糸と地糸それぞれ二本おきのもの。

真綿(まわた)

繭の繊維でつくったわたのこと。光沢があり、強くて軽く保湿力が大きいなどの性状を有し、被服、寝具の中入れわたやキルティングとして用いられた。また、紬糸、絹縫い糸の原料とされる。


PAGETOP