ホーム  >  きもの用語辞典  >  み
きもの用語辞典

索引:「み」

身頃(みごろ)

きものの袖、衿を除いた身体の前と後ろを覆う部分。肩山を中心として身体の前後二つの布地からなる部分を指し、肩から前を前身頃、後ろを後身頃と呼ぶ。

水木帽子(みずきぼうし)

女性のかぶり物の一種。元禄時代、花形の女形であった水木辰之助が流行させた丸い額帽子のことをいう。

水草文(みずくさもん)

水辺の草の文様。和様意匠の完成した平安時代中期以降、人々の日常生活の身近な対象に美を見いだそうとする美意識が反映したものといえます。  

水化粧(みずげしょう)

水白粉という液状のものを使って仕上げること。上方風の白粉を濃く塗る厚化粧を嫌った江戸の女性は、あっさりとした薄化粧を好み、この手法を用いた。

三筋(みすじ)

三筋立てともいう。細い縞三本を一組みにし、地幅とバランスをとりながら間隔を決めて配列した縦縞。

水元(みずもと)

染色上の語。染め上げたのち、染色のかす、防染糊、余分な助剤などをとり除くための水洗いをいう。

美豆良(みずら)

男子の結髪の一つ。頭髪を頭の中央で左右に分けて垂らし、耳のあたりで上下に八の字形に輪を作り、中心を結んだもの。

身丈(みたけ)

きものの身頃の長さのこと。後ろ中央衿つけ線から背縫い線を通って、裾までの長さ。

道行(みちゆき)

防寒・防雨・防汚用として外出の際に用いる、和装用コート。

三つ折り絎け(みつおりぐけ)

和服裁縫の基礎縫いのうち、布端の始末の仕方の一種である。布端を三つ折りにし、折り山をくける方法、またはその部分の名称である。表に小針が出て、裏からは糸がみえないきれいな布端の始末方法で、ひとえ長着の袖口、衿下、裾などの始末に用いられる。

三つ折縫い(みつおりぬい)

布端の始末の一方法。布端を三つ折りにし、折り山から浅い縫い代のところを※並縫いにすることである。丈夫な縫い方であるが、表にも並縫いの縫い目が見えるので、肌襦袢(じゅばん)、作業衣の裾などに用いる。並縫いの代りにミシン縫いをしてもいい。

三つ身(みつみ)

二歳から四歳くらいまでの幼児向きの裁ち方。一般には一反で二枚裁ちにする。

三つ目着物(みつめきもの)

生後三日めに初めて着せる着物のことで、三日衣装ともいう。

三つ紋(みつもん)

男女の羽織、女物の無地や小紋の長着の背と後ろ袖につける紋のこと。ほかに五つ紋と一つ紋があり、紋の数が多いほど格は上がる。

蓑(みの)

日本古来の外衣の一種。藁、科(しな)等の手近な植物を利用し、体を覆うように編みあげたもの。

身幅(みはば)

身頃の幅。前後の身頃の幅は前幅、後幅といい、長着ではこれに衽幅を加える。これら各部分の幅をすべて寄せた裾回り全体の幅をもいう。長襦袢では、裾まで竪衿をつける場合は竪衿幅を含める。コートでは竪衿幅も身頃の一部とする。

耳(みみ)

織物の織り幅の両縁のことで、緯糸が折り返していることをいい、裁ち目と区別している。

宮古上布(みやこじょうふ)

沖縄の宮古島で織られる紺地に絣(かすり)および縞柄の麻織物。夏の高級な着尺地として知られる。この上布は1583(天正11)年、宮古島の与人(部落長)下地真栄の妻の稲石が細綾錆(ほそあやさび。縞織りのことで苧麻<ちょま>の細糸で織った錆色の上布)を王に献上したことを始まりとする。その後、王府と薩摩(さつま)藩貢納布として苦難の歴史を歩み(薩摩上布といわれた)、大正の末になって流行し、第二次大戦後に宮古上布という名称になった。糸は苧麻を原糸として、経(たて)糸が双糸、緯(よこ)糸が単糸、経緯それぞれに地糸と絣糸の四種に分類される。糸染めには泥藍が使用され、絣は手括(くく)りと締め機がある。織機は高機で、仕上がりは織り上がった上布を煮沸し、澱藍が使用され、絣は手括(くく)りと締め機がある。織機は高機で、仕上げは織り上がった上布を煮沸し、澱粉を入れた水で洗い、半乾きのうちに砧(きぬた)打ちし、乾燥してから艷出しの砧打ちを行なう。したがって蝋(ろう)引きしたような光沢となめらかさをもつのである。
宮古上布(みやこじょうふ)画像

身八つ口(みやつくち)

きものの部分名称。女物、子供物のきものの袖付下で脇に口を開けた部分。これによって手の運動がしやすく、袖付留まりのほころびを防ぐ効果がある。女物の開きは13〜15センチ(3寸5分〜4寸)。かつては主に関東方面で用いた呼び名。身明け、脇明き、身人形ともいう。

宮参り着(みやまいりぎ)

都会では男子は生後31日、女子は32日めに子供の健康と成長を祈願するために、産土神(うぶすながみ)に詣(もう)でるのを宮参りという。その際に一つ身の広袖の紋付に太い付けひもをつけた晴れ着を着せる。そのきものを宮参り着という。

ミンサー帯(みんさーおび)

沖縄竹富(ちくぶ)島で昔、妻問い婚時代、娘が結婚の承諾の意味で男に贈った細帯で今では島の土産物になっている。木綿の細帯で耳は白と紺の細かい横段、中央に市松どりにした四つ五つの絣(かすり)模様の藍地畝織りである。その意味は、「いつの世までも末永く幸せであれ、足繁く(耳の横段は百足<むかで>の足の意味)おいで」ということであると伝えられている。


PAGETOP