ホーム  >  きもの用語辞典  >  む
きもの用語辞典

索引:「む」

行縢(むかばき)

武官や武士の腰から両脚の前側を覆うもの。

無垢(むく)

無垢とは汚れがなく洗浄漂白なことを意味するが、和服では表裏同色の共地で仕立てた長着のことで、引返しともいう。白無垢、色無垢、小紋無垢(関西では引返し下着という)などがある。表着(うわぎ)にも下着にも応用されるが、表着は多く婚礼や葬儀のときに白無垢として、その他は一般に下着として用いられる。しかし白無垢以外の下着は胴抜き仕立てと異なり、単独に表裏としても用いることもできる。色無地は略礼装の表着として用いられることが多い。

無地(むじ)

文様のない一色染めのこと。

蒸し(むし)

手描きや型染で印捺された染料や色糊は、そのままでは未染着であるため、水蒸気をあてて染着(染料を発色させると同時に生地に定着させる)させること。

無地染め(むじぞめ)

被染材を単色で染めること、あるいは染めたもの。

虫垂衣(むしのたれぎぬ)

公家の女たちが旅をする際に一女笠(いちめがさ)のまわりに下げる枲(からむし)製の薄い裂(きれ)。

虫干し(むしぼし)

衣類保管の際、除湿をするために行う方法の一つ。高温多湿の日本では、できれば年に一〜二回の虫干しが必要である。

無双(むそう)

表裏同じもの(共布)で仕立てたものをいう。羽織や襦袢の袖などに応用されている。

襁褓(むつき)

生まれたばかりの子供に着せる産着。

六つ身(むつみ)

子供用長着で、身丈の6倍の長さで、身頃と衽および衿をとり、まったく本裁ちと同じ方法で仕立てる。

胸当て(むねあて)

江戸時代に火事装束や飛脚、あるいは夏季に旅行をする人たちが用いた当て布。

村濃(むらご)

同色で、ところどころに濃いところ、薄いところをつくって染めること、あるいは染めたもの。

紫帽子(むらさきぼうし)

歌舞伎の女形(おやま)が前髪の部分に差し留める紫色の縮緬(ちりめん)の長方形の裂(きれ)。


PAGETOP