ホーム  >  きもの用語辞典  >  め
きもの用語辞典

索引:「め」

銘仙(めいせん)

絹織物の一つ、江戸末期に太織りから転じたものである。

名物裂(めいぶつぎれ)

足利義政らが収集した書画、工芸品、いわゆる東山御物を大名物(おおめいぶつ)と称するのをはじめ、茶道の世界では価値の高い茶道具を名物といって珍重する。茶道の発展に伴い、名物茶器とともに大茶人ゆかりの裂類についても名物の資格が与えられるに至った。これを名物裂と称して日本各地の茶人によって収集され今日まで保存されて、当時の織物を知るうえで今や世界的に貴重なコレクションとなっている。名物裂は緞子(どんす)をはじめ金襴(きんらん)、銀襴、間道(かんとう)、更紗(さらさ)、金紗(きんしゃ)など十数品種、三百数十種が数えられているが、厳密に定まったものではない。ほとんどすべてが舶載品であるが、製織地は中国、中央アジア、西アジア、南アジアと多岐にわたっている。

盲縞(めくらじま)

縞がほとんど見分けがつかないことから、盲の名称がつけられた。経緯(たてよこ)とも藍染された糸で織った無地の紺木綿のこと。青縞、紺無地、紺木綿、織紺などとも呼ばれている。

目色(めいろ)

文様のある染織品の、地色に対して文様の部分の色のことをいう。

目引き(めびき)

和服の染直し法の一つ。色抜きせず現物の色と同系統または異系色でもう一度染めることをいう。

メリンス

唐縮緬(とうちりめん)ともいい、梳毛(そもう)のモスリンのこと。

綿しじら(めんしじら)

綿織物の一種で、夏物の素材として使用されるもので、綿縮に似た肌触りをもち、産地では徳島県の阿波しじらが有名。

綿縮(めんちぢみ)

綿の縮織りの総称。緯(よこ)に強撚(きょうねん)綿糸を織り込んで糊抜き、精練をして、しぼ(縮みによる細かい凹凸)をあらわしたものである。


PAGETOP