ホーム  >  きもの用語辞典  >  も
きもの用語辞典

索引:「も」

裳(も)

古代日本の女装の下衣。平安時代、形式化して女房装束の付属衣服となった。

毛氈(もうせん)

カーペット用毛織物の一種。古くは陣羽織などに仕立てて着用された。敷物としては雛壇に敷く緋毛氈がある。

捩り(もじり)

袖を筒袖や角袖にした外套のことで、多くは男性がきものの上から重ねて着用する衣服の名称。

もじり袖(もじりそで)

地方の働き着、家庭着、半てんなどにつけた袖の名前で、後ろ袖下を前に折り返したもので、そで下は前袖で接ぎが出来る。

モスリン(もすりん)

モスリンとは、木綿や羊毛などの梳毛糸を平織りにした薄地の織物の総称。名称はメソポタミアのモースルに由来するとも、そのふんわりとした風合いを示すフランス語のムースに由来するとも言う。ヨーロッパではモスリンは薄手の綿織物を指し、またアメリカ合衆国ではキャラコのことをモスリンと呼ぶ。日本語では先行して流入した毛織物のメリンスとの混同があって、主に毛織物をモスリンと呼ぶ

髻(もとどり)

髪型の一つ。頭髪を頭上に集めて束ねたもの、またはその部分をいう。

物差し(ものさし)

物の長さを図る器具で、長さの単位の目盛りが刻んであり、衣服の裁縫には不可欠の用具である。

物の具(もののぐ)

調度、道具等が、一式になって整っていること。

裳袴(もばかま)

女性用下衣。平安時代、女性は常に袴をはき、正装は唐衣と裳をつけた。しかし、衣生活が簡略化されるようになると、袴や裳を重ねて着るのが不便なために両者は一つになった。

喪服(もふく)

本来は喪中に着る服のことだが、現在は葬儀用の礼装となっている。黒羽二重または黒縮緬の染抜き五つ紋付が正式で、昔は白の下着を重ねたが、現代では省略することが多い。夏は羽二重に代わって絽が用いられる。

紅絹(もみ)

緋または緋色に染めた練り織物の平絹である。昭和の初めまでは、女物の上等のきものの胴裏地は若向きは紅絹、年寄り用は白絹が決まりのように用いられた。

木綿(もめん)

綿繊維のことで、英語でコットン(cotton)という。近年は品質表示法の統一文字では<綿(めん)と示すため、もめんより<めん>ということが多い。

股立ち(ももだち)

歌舞伎衣装の袴の着付け方の一種。道中をするときなど袴の左右を腰のところにはさむ、「つまみ股立ち」と、極端に袴をたくし上げ尻からげする「高股立ち」とがある。

股引き(ももひき)

和服下衣の一種。左右離れた脚部を一本の腰紐でつないだもの。室町時代の「ももはき」から転じた語と考えられるが、江戸時代になって利用が盛んになった。

桃割れ(ももわれ)

女性の髪の結い方の一つ。髷(まげ)の形が桃の実を二つ割りにしたものに似ていることからの名称。明治初期から中期にかけて、十六、十七歳の少女に流行した。

諸糸織り(もろいとおり)

経(たて)に撚(より)糸を用い、緯(よこ)に生糸の片撚り糸を織った絹糸織り。

諸羽二重(もろはぶたえ)

絹織物の一つ。経(たて)糸に生糸2本を引きそろえて織った羽二重。

モール織り(もーるおり)

緯(よこ)糸に多色を用いて、繻子(しゅす)織りの地に複雑な浮き模様を織り出す繻珍(しゅちん)の一種だが、その模様の部分の浮き糸を、別に插入した経(たて)糸で平織り状にからめて押さえるのが特徴である。外観は緞子(どんす)に似ている。緯糸に金・銀糸、芯糸に銀の薄片を巻きつけたり、金、銀の鍍金(めっき)をほどこした糸などを用いたものを、それぞれ金モール(織り)、銀モール(織り)とよぶ。

紋洗い(もんあらい)

染色上の語。紋付の紋を描くために、丸く染め抜いた白場の糊の残りや汚れを洗い除くこと。

紋下り(もんさがり)

紋の位置のこと。背、前(抱)、袖など、それぞれ衿付、肩山、袖山から紋までの長さをいう。

紋章(もんしょう)

集団を示す標(しるし)。他と区別するために用いられる図像標識で、代々継承されるものをいう。

紋丈(もんたけ)

紋織物の模様の長さをいう。現在、紋織物はおもにジャガード・マシンで織られている。

紋付(もんつき)

紋をつけた、礼装用として用いられるきものや羽織のこと。

紋帳(もんちょう)

紋を集めた冊子。紋本ともいう。紋を付けるときに参考にする見本帳。

紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)

男性の第一礼装。女性の場合と異なり、祝儀・不祝儀を問わず同じ装いとなる。江戸時代の武家社会で略礼装として用いられ、中期には庶民の最礼装として着用されるようになり、明治時代に太政官令で礼装を定めた際に 「五つ紋の黒紋付羽織袴」 を採用したことにより、正装として広まった。また、紋には“魔除け”の意味もあり、特に「背紋」は、背後から近づく邪気を避けるためのおまじないとして付けたもので、紋の数に限らず背紋が一番重要な紋である。

紋尽し(もんつくし)

大名の氏名、家紋、所領などを一覧式にした家系図や諸家譜をいう。

紋所(もんところ)

紋章の定紋の別称。江戸時代の武家礼装である裃(かみしも)に、三所(みところ)、五所(いつところ)と位置を定めて家紋を据えたことによる呼称。

紋抜き(もんぬき)

きもの、羽織、袴(はかま)などの家紋をつける場を白く染め抜くこと。防染糊に脱色剤を入れて丸く型付けをし、地染めをする場合と、無地染めにしたものを丸く色抜きにする場合とがある。

紋服(もんぷく)

元来は五つ紋を染め抜いた衣服のことで、紋付きの中でも最も正式のもので礼装として着用される。

もんぺ(もんぺ)

農村で用いられる労働用の袴の一種。二部式仕事着の下衣である。

紋伏せ(もんふせ)

仕立中に紋が汚れるのを防ぐ為に、紋伏せ紙や小布等を紋の上に縫いしつけること。陽紋・陰紋付の反物を染める時紋の部分にゴム糊等を用いて防染すること。

紋綸子(もんりんず)

撚りのない絹糸を用い、経糸で地模様を織り出した生地。華やかな印象を持つ生地で、花嫁衣裳や振袖、訪問着などのきもの地としてはもちろん、襦袢や帯揚げなどにも用いられる。


PAGETOP