ホーム  >  きもの用語辞典  >  や
きもの用語辞典

索引:「や」

八重山上布(やえやまじょうふ)

沖縄の八重山諸島のおもに石垣島で織られる麻織物。本来は苧麻(ちょま)を使って地機で織る絣(かすり)織りであったが、今はラミーや木綿を使った交織が多く、明治以降、高機で織る。絣柄は伝統的なものが多く、夏の着尺地になる。その特徴は絣糸の染料にある。紅露(クールー)という自然薯(じねんじょ)の根をすりおろして天日に当てて濃縮したものを摺(すり)込み染めして黒みを帯びた赤色を得る。織り上がった布は昔は海水に浸してさらしたが、現在はカルキで白くさらして仕上げている。

夜会巻き(やかいまき)

女性の洋式束髪の一つ。後頭部でまとめた頭髪をひねり上げ、頭頂で一つまたは左右二つの輪を作り、毛先を留めたもの。

矢絣(やがすり)

絣柄の一つ。その形が矢羽根に似ているところからこの名がある。矢筈(やはず)絣ともいう。今日では織り絣だけでなく、染め物でも同じくよぶ。経(たて)糸を寸法を決めてくくって染め分けた絣糸をつくる。それを少しずつずらしていくと、しぜんに矢形の絣柄ができる。
矢絣(やがすり)画像

焼き鏝(やきごて)

和裁用具の一つで、縫い目の縮みや、布のしわをのばしたり、折り目をつけるのに用いる鏝のことである。

焼き箆(やきべら)

裁縫用の箆にも兼用される鏝のことで、鏝箆ともいう。

屋敷風(やしきふう)

明治以降の下町風に対し、ものものしい門構えの敷地に住む官員たちの風俗をいう。つまり、もの堅い風俗をいう。

八つ口(やつくち)

脇明き・脇明けともいう。女物和服独特の脇下の通風孔。身頃の袖付止りと脇縫い止りの間を10〜14cmほど縫い合わさずにあけておく。男物にはみられない。

八橋文(やつはしもん)

水辺に杜若(かきつばた)が咲き、その間に板橋を渡した文様。この組合せや表現は『伊勢物語』九段をふまえたもので、文芸文様に分類されるもの。蒔絵(まきえ)の遺品では室町時代のものであり、染織では桃山時代のぬい箔が早い。尾形光琳(こうりん)の八橋蒔絵螺鈿硯(らでんすずり)箱は著名。

流鏑馬装束(やぶさめしょうぞく)

平安末期に起こった流鏑馬の時に武志が用いた装束。

野暮(やぼ)

人情の機微に通じない人たちのこと。不粋とも不通ともいい、気のきかないことをいう。転じて田舎者、田舎侍をもさした。

山手風(やまのてふう)

明治年代に言われた下町風に対する言葉。下町が商人、職人の町であるのに対して、山手は屋敷住いの官員の住居が多かったので、落ち着いた色彩のお召しや、洋風を早くから取り入れたところに特色がある。

山袴(やまばかま)

袴の一種で、仕事着の袴型下衣のなかで腰板のついていないものを総称していう。

山繭糸(やままゆいと)

日本の特産で、櫟(くぬぎ)や楢(なら)などの葉を食べて繭をつくる、山繭から紡いだ糸のこと。ざっくりとした手触りと素朴な光沢があり、丈夫で野趣のある地風が特色。

野郎帽子(やろうぼうし)

江戸初期よりつくられた帽子の一種。置手拭いと綿帽子とを折衷して考案されたもの。


PAGETOP