ホーム  >  きもの用語辞典  >  ゆ
きもの用語辞典

索引:「ゆ」

結い肌帯(ゆいはだおび)

女性が肌に直接結ぶ晒し木綿の帯のことで妊婦の用いるもの。

結城紬(ゆうきつむぎ)

絹織物の一種。茨城県結城市周辺で織り出される紬。常陸紬と呼ばれていたが、慶長7年(1602)、城主結城氏の名にちなみ、結城紬とよばれるようになった。経・緯糸とも真綿から手紡ぎした紬糸で、細かい絣柄を組み合わせながら手織機の居坐機(いざりばた)で織る。高級品。
結城紬(ゆうきつむぎ)画像

友禅染め(ゆうぜんぞめ)

宮崎友禅斎が創始したと伝えられる染色法で、色彩的な染模様である。

有職織物(ゆうそくおりもの)

平安時代以後の文武官の服制が生んだ織物。宮廷儀式、行事の調度にも及ぶ。初期は大宝律令により染色や織質は位階により差があった。平安末期に萎(なえ)装束が強(こわ)装束となり、朝廷出仕の服の質は練り絹から生(き)織物の絹に移る。

有職文様(ゆうそくもんよう)

平安時代から近世に及ぶ装束や調度その他、公家の一般的な文様。

浴衣(ゆかた)

浴後または夏着る木綿の単(ひとえ)のきもの。古くは湯帷子(ゆかたびら)と称し、入浴のとき身にまとい、のちには浴後の汗取りに用いた帷子のことで、浴衣は湯帷子の略語である。桃山時代ごろから、民衆の間で輪舞が流行し、盆踊りに用いたものを<踊り浴衣>といい、<盆帷子>ともいった。

裄(ゆき)

きものの背縫いの最上部から、肩先を通り袖口までの丈をいう。

雪沓(ゆきぐつ)

雪から足を保護するための藁沓。雪の多い奥羽地方、中部山岳地方、日本海沿岸で主に用いられる。

雪晒し(ゆきざらし)

かつての小千谷縮(おぢやちぢみ)などのように、麻織物を春先の積雪の上にひろげて日にさらし、紫外線と雪の解けた水分と空気中の酸素やオゾンとで漂白することをいう。古くから行なわれた日晒(ひざら)しの一方法である。
雪晒し(ゆきざらし)画像

雪輪紋(ゆきわもん)

雪の文様的表現として、独特の輪郭線で円形にあらわすのをこのようによぶ。桃山時代のぬい箔文様に雪持柳などに交じって白糸で雪の小円をぬいあらわしたもの。

湯具(ゆぐ)

裾よけと同じで、歌舞伎衣装では女形の下半身にまとう布の意。

行方不明(ゆくえふめい)

女性の洋髪の一種。髷無しの俗称。

油箪(ゆたん)

主として箪笥掛けのこと。家具、調度品に掛けて日よけ、ちりよけ、湿気よけに用いる。

湯通し(ゆどおし)

織物をぬるま湯に浸して糊気をとり、柔らかくすること。あとで縮むのを防ぐため お湯の温度は40度位で行う。
湯通し(ゆどおし)画像

湯のし(ゆのし)

布地をやわらかくするためや、しわや縮を伸ばして布幅を一定にそろえるために、布地を蒸気の中にくぐらせたり湯で湿したりする、織物仕上げ工程の一つ。

指貫き(ゆびぬき)

手縫いの場合、針の頭を押す時に針の当たりやすべりを防ぐために指にはめて用いる器具。

湯文字(ゆもじ)

湯具、湯巻きのことである。昔は風呂に入るときには男女ともに風呂褌(ふろふんどし)をして入ったので、女の下帯を湯巻き、湯具と称した。

湯もみ(ゆもみ)

織り上がった生地の汚れや糊を落とし、特有の「しぼ」を出す技法。

許色(ゆるしのいろ)

禁色(きんじき)が許されること。平安時代、一般に身分により位色という規定があり、自由に好みにまかせて色を変えることができなかった。とくに天皇が召される色であったため、この規定は中世では厳重に守られていた。


PAGETOP