ホーム  >  きもの用語辞典  >  よ
きもの用語辞典

索引:「よ」

楊枝糊(ようじのり)

友禅染で防染に使われる糊置き技法の一種。原始的な手法であるが、均一な筒糊の線に比べて筆勢のように緩急のある線を描くことができる。

洋髪(ようはつ)

西洋髪のこと。明治時代では、男子では散髪、斬切(ざんぎり)、女子では洋式束髪を指す。

養老(ようろう)

筋絞りの一つで、縦に平行線を染めだしたもの。

夜着(よぎ)

寝具の一種。いわゆる袖夜着をさす。

四行留め(よぎょうどめ)

礼装用帯締めや、ちゃんちゃんこの胸紐等、細めの丸絎けひもの端を装飾的に留める方法である。

緯糸(よこいと)

織物の経(たて)糸方向に対し、ほぼ直角に織り込まれる糸をいう。経糸のように製織、仕上げ工程中、強く引っ張られることがないので、経糸より撚(よ)りが甘い糸が使われることがある。一般に経糸より打込み数が少なく、粗く織られ、また、経糸より織縮み(織り糸が織られることによって、織上りの見かけの長さが小さくなる)が大きい。

緯錦(よこにしき)

錦織の一種。緯糸で文様を織りだした錦のこと。

横絽(よころ)

絽織りの一種。絽目が織物の横方向にあるもの。

吉原足袋(よしわらたび)

路上の塵埃(じんあい)等による汚れを防ぐため、足袋の上からはいた奉書和紙の足袋。

寄裂文様(よせぎれもんよう)

一見、幾枚もの異なった文様、材質の裂地をはぎ合わせたかのように見える文様。鍋島更紗にもみられる。

他所行き(よそゆき)

外出着、あるいは訪問着にあたるもの。普段着と晴れ着の中間的意味をもつもの。日本独特の分類で、欧米にはこの言葉に相当するものはない。

四つ留め(よつどめ)

和裁の技法の一つ。表裏左右など、四枚の布を留めるのでこの名になった。

四つ身(よつみ)

三歳から九歳ぐらいの子供用のきものの仕立て方。身丈の四倍の布地で、身頃を裁つことからいわれる。

四つ身祝い(よつみいわい)

四つ身仕立てのきものは、三歳から九〜十歳ぐらいまでの子供が着るもので、小幅裁ちで身丈の四倍分で前後の身頃をつくるので四つ身仕立てという。そのきものを着る祝いを四つ身祝いというが、男の五歳、女の七歳の祝儀のときに着用する。

四天(よてん)

歌舞伎独特の衣装で、衽がなく裾の両側が割れているのが特徴。衣装の名が役柄の名になっており、立ち回りや武勇をあらわすのに用いる。

四幅袴(よのばかま)

袴の一種。前二幅、後ろ二幅で仕立てたためこの名となっている。

読谷山花織(よみたんざはなおり)

沖縄中部の読谷山で織られる紋織りで、浮き糸によって刺繍のように見える絹織物。紺地に赤、黄、白などの緯(よこ)糸で簡単な模様を織り出したもの。南方から伝わったものといわれる。この小布を読谷山手巾(ティーサージ)といい、かつて女性が恋人に贈ったが、今はテーブル・センターなどに織られている。また、首里その他で着尺地も織られている。
読谷山花織(よみたんざはなおり)画像


PAGETOP