ホーム  >  きもの用語辞典  >  ら
きもの用語辞典

索引:「ら」

羅(ら)

羅は鳥網を意味し、織物より編物に近い夏用の絹織物。

雷文(らいもん)

直線にみる方形渦巻き状の文様。稲妻を象徴した雷字を源流とする。

羅紗(らしゃ)

厚地の紡毛織物の一種。耐久性のある服地として軍服、コート、その他冬季の制服類などに利用された。

螺旋絞り(らせんしぼり)

摘(つま)み絞りの一つ。生地をつまみ上げて根元をくくり、先端に向かって螺旋状に糸を巻き締めて染めるもの。

螺鈿(らでん)

本来は漆工芸の技法の一つ。ヤク貝、アワビ貝の貝殻の光る部分を文様に切って漆でとめたもの。奈良時代に中国から技法が伝えられ、箱、調度、鏡、太刀の鞘(さや)、鞍(くら)、その他さまざまな装飾に活用され、今日まで伝統工芸として伝えられている。一方これが衣服の装飾にも応用され、平安時代の華麗な女房装束では晴れ着の袖口にいわばビーズ刺繍のように貝で文様を縫いとめたが、これも螺鈿といった。

両面帯(りょうめんおび)

表裏両面が使用できる帯。縞や無地の博多帯地などが該当する。

襴(らん)

袍(ほう)の裾の前後に共裂(ぎれ)を横に当てたものをいう。

乱立(らんたつ)

縞柄の一種。形状による呼称。経(たて)糸緯(よこ)糸とも残糸を結び合わせて、色、間隔とも不規則に配したもの。


PAGETOP