ホーム  >  きもの用語辞典  >  ろ
きもの用語辞典

索引:「ろ」

絽(ろ)

独特の透き間のある夏用の生地。

臈纈染(ろうけつぞめ)

ろうを防染剤とする染物の技法、およびその作品

絽織り(ろおり)

盛夏の生地で、布地に一定の間隔で小さい孔をあけた織物。
よじり織りの一種で、孔を絽目と呼ぶ。この絽目から次の絽目までの畝(うね)が三本あれば三本絽、五本あれば五本絽という。また、絽目がたてにあるものをたて絽、よこにあるものを横絽と呼ぶ。縮緬、羽二重、化繊など多くの素材に用いられている。

緑青色(ろくしょういろ)

青銅。真鍮などに出る青みを帯びた鮮やかな色の意。岩絵(東洋画などに用いる顔料)の一つ。

六通(ろくつう)

女帯の柄付のことで、六尺通して模様をつけた帯のこと。

路考結び(ろこうむすび)

女帯の結び方の一種。現在のお太鼓結びの起源となる結び方で、ヤの字結びともいう。

露頂(ろちょう)

中世男子の冠や烏帽子をかぶらない頭部。頭を露出すること。


PAGETOP