ホーム  >  きもの用語辞典  >  わ
きもの用語辞典

索引:「わ」

若衆髷(わかしゅうまげ)

少年の髪の結い方の一つ。前髪を立ててその先を髷に含め、大きく結った中剃二つ折りの髷。男子の結髪の中で最も優婉華美なもの。

髷(わげ)

髷(まげ)と同じ。髷の関西の呼称である。

和裁(わさい)

洋裁に対して和服類を仕立てること。元来は裁縫というと和裁を意味していた。和服の裁ち方は、長着、羽織、袴(はかま)、コート、半纏(はんてん)、長襦袢(ながじゅばん)、帯などの種類と、大裁ち、中裁ち、小裁ちの大きさによって異なる。大裁ちは一反を用いてつくり、身頃、袖、衿、衽(おくみ)、襠(まち)などの各部の布を直線に裁つ。幅は並幅または半幅をそのまま使い、印つけによって必要な寸法をとり、残りを縫込みをして、そのままにしておくのが特色である。丈は出来上りに必要な縫い代、絎(く)け代を加えて裁ち、時には揚げ、内揚げ、折返しなどの分量を長く裁って、出来上り丈に仕立てる。今日の和裁は単衣(ひとえ)仕立て、袷(あわせ)仕立てが中心であるが、その他、薄物仕立て、上仕立て、綿入れ仕立て、襲(かさね)仕立て、比翼仕立てなどがある。

和裁用具(わさいようぐ)

和装を仕立てるのに必要な用具の総称である。針各種、針刺し、指ぬき、小鋏(ばさみ)、裁ち鋏、角べら、チャコ、鏝(こて)べら、物差し、裁ち台、鏝、鏝板、絎(く)け台または懸張器(かけはりき)、縫い糸、しつけ糸および小物を納める針箱などである。

和装(わそう)

和服を着ること。洋装に対する言葉で明治に洋服が入ってのち、在来の、ことに小袖を中心とした服装をすることを称した。

和装コート(わそうこーと)

きものや羽織の上から防寒、防雨、防塵などの目的で、婦人の外出用として用いられる。着用される季節や目的の違いにより、防寒コート、雨ゴート、半コートがある。

和染(わぞめ)

合成染料が出現する以前の染色技術をいう。天然の植物染料、鉱物染料、顔料を用いて、豆汁で染着させる染め方に代表させる。

綿(わた)

布団や綿入れの衣服の中にいれる繊維集合体をいう。

綿入れ(わたいれ)

防寒のため、表布と裏布の間に綿を入れたきもの、羽織、どてら、胴着、ちゃんちゃんこをいう。また、これらの衣服をつくるために綿を入れる作業や、布団の綿を入れることをさす。

綿入れ羽織(わたいればおり)

わたを入れて仕立てた羽織りをいう。老人や子供物として半纏式にしたものが暖かく軽いので、普段着用として一部の方に愛用されている。

私小忌(わたくしのおみ)

神事に着る服の一つ。

和針(わばり)

昔から日本で使われてきた和裁用針の総称である。和針は、目処が丸く、洋針に比べて針先が<次第細り>になっているので、運針しやすいが折れやすい。

和服(わふく)

日本在来の衣服で、現在一般に着用されているものの総称。明治時代に西洋の服が輸入され、洋服とよぶようになったが、これに対して従来の日本の衣服を和服とようぶようになった。

藁沓(わらぐつ)

履物の一種。藁を材料としてつくった防寒靴。藁は暖かく、凍った雪がしみ込まないので降雪地帯に発達した。

草鞋(わらじ)

履き物の一種。ふつう、藁(わら)を編んでつくり、足をのせる台とかかとを受けとめる返し、足を結ぶひも、ひもを通す乳からなる。衛府の官人のわら靴である舌地(したじ。爪先<つめさき>に笹形の飾りを編み出したもので六葉沓<ろくようぐつ>ともいう)から発達したもので、雑色(ぞうしき)、舎人(とねり)、牛飼い、庶民など一般に身分の低い人々が履いた。また足にぴったりつくので旅行や働く際に靴の普及するまで用いられた。なお乳のないものを<ごんずわらじ>、前に爪掛けのあるものを<おそふき>などという。
草鞋(わらじ)画像

童装束(わらわしょうぞく)

公家の少年の装束をいう。

割付け模様(わりつけもよう)

反物の巾にきちんと一つの柄を並べて表現する模様のこと。

割縫い(わりぬい)

布類の縫い方の一種で、印どおり縫ってから、縫い代を割り開く始末法である。

裏褄模様(うらづまもよう)


PAGETOP