1. ホーム  >  
  2. コラム一覧  >  
  3. 着物の衣替えはいつ? 初秋にオススメの単衣と衣替えの時期

着物の衣替えはいつ? 初秋にオススメの単衣と衣替えの時期


このエントリーをはてなブックマークに追加
着物の衣替えはいつ? 初秋にオススメの単衣と衣替えの時期

日中はまだまだ厳しい残暑が続きますが、日が落ちると涼しく感じることも増えてきたこの頃。
いよいよ秋の到来を肌で感じるようになってきました。


秋といえば、食欲の秋や読書の秋など、楽しみがたくさんありますが、その前にしっかりとやらなくてはいけないことがあります。 それは、「衣替え」。
これから来たる秋冬シーズンのためにも、しっかりと衣替えを済ませておきましょう。

今回は、着物の衣替えのタイミングや季節の変わり目に着る着物についてご紹介いたします。


着物の衣替えシーズンっていつ?


長袖や薄手の羽織ものなどをよく着るものとして出しておいて、来たる冬に備えて厚手のコートも一緒に出してしまうということもあるでしょう。
このように洋服と同じく、着物にも夏物と冬物があります。生地や作り方が違うので、その季節に合った着方をすることが大切です。

一見しただけでは同じように見える着物でも、じっくり見てみると冬には温かく、夏には涼しい装いができるようになっています。
体感的にも気温に合うようにできており、見た目的にも季節感に合ったものを選ぶことが大切です。
もちろん着物に夏物と冬物に違いがあるように、帯にも秋と冬で違いがあります。
夏物には帯地に透け感があるものを、冬物には透け感が無いものを選ぶのが一般的です。

季節によって変わる着物ですが、夏から秋にかけての衣替えの時期は、9月に行うことが一般的となっており、また9月には「単衣」と呼ばれる裏地のない着物を着ます。
着物は難しく、少し堅苦しいというイメージがありますが、シンプルに考えるとカーディガンとコートが違うようにとても簡単なもの。

快適に過ごすためにも、オシャレのためにも季節にあった着物を身に着けることが重要なポイントとなります。

9月に着る「単衣」とはどんなもの?

先ほども軽く触れましたが、「単衣」は春の終わりから初夏、そして夏の終わりから秋初頭の時期に着る着物のことをいいます。
裏地がついておらず1枚でできているので、とても軽く涼しく着ることができるという特徴があります。

主に10月〜5月までの冬と春の時期は、2枚の生地が縫い合わされて作られている「袷」という着物を着用し、7月〜8月の夏本番の時期には「薄物」の着物を着ます。
この、「袷」と「薄物」の間のシーズン、つまり季節の移り変わる時期に着る着物が「単衣」なのです。

とはいえ、最近では春でも秋でも暑いと感じる日はありますよね。
そんなときには5月でも10月でも単衣を着てもいいという意見が目立ってきています。
実際に街に出てみると、月に関係なく単衣をオシャレに着こなしている方もチラホラ。

常識的には6月と9月にしか着ないとされている単衣ですが、無理をして汗をかきながら袷を着るよりも、美しく単衣を着こなして快適に過ごすことを選ぶ方が増えているのです。

結婚式やお茶会などの正式な場には、マナーや常識を重要視することが大切ですが、プライベートのお出掛けや、毎日のオシャレとして着物を着るときには、より快適に過ごせるような着物のチョイスをするのも1つの方法です。 TPOや気温などに合わせて着物が選べるようになれば、より和装を日常に取り入れやすくなります。

オシャレに「単衣」を着こなす! オススメの単衣とは

オシャレに「単衣」を着こなす! オススメの単衣とは

季節の移り変わりである秋の季節は1年の中でもとくに短く感じますが、過ごしやすい気候や気温が続くのでオシャレが楽しい季節でもあります。
風が涼しく、紅葉や落ち葉がロマンチックな雰囲気を醸し出す秋は、シンプルな大人ならではの装いがピッタリ。

着物や帯の色味や柄などで秋らしさを取り入れて、上級者の着物の着こなしを叶えましょう。
この秋にオススメの単衣コーディネートをご紹介いたします。

・アースカラーの「色無地」で正統派和装美人を狙って
お茶会などの場にふさわしい「色無地」は、シンプルながらも大人の魅力を引き立ててくれる着物です。
上品で可憐な女性らしさを演出してくれます。
そんな色無地を秋仕様に着るのなら、木の葉や紅葉を連想させるようなアースカラーがオススメです。
茶系やカーキなどの落ち着いたカラーはまさに秋を代表する色味といえます。また、ベージュやグレーがかったピンク色などの少しスモーキーなカラーは、秋晴れの明るい空に映える素敵なカラー。あえて同色系の帯と合わせてスッキリとまとめれば、より洗練されたイメージに。主張をしすぎない素敵な着物コーディネートです。

・深みのある「紺色」と「ポップな帯」を合わせて遊び心をプラス
濃い目の紺色には落ち着き感があり、さらに涼しげな雰囲気も持ち合わせているので、まさに秋に最適なカラーの1つといえます。
また、紺色は日本人の肌や黒髪にとても似合う色といわれています。黒や青ではない紺色は、日本の女性を美しく上品に見せてくれるのです。
さらに、紺色の着物は合わせる帯によって、エレガントにも軽やかにも見せることができます。白地ベースの帯でポップな絵柄が描かれている帯はいかがでしょう。
紺色の持つ大人っぽい印象にポップな柄でアクセントをプラスすることで、少し茶目っ気のある個性的なオシャレルックに仕上げることができます。

色とりどりに色づいた木の葉が散り、憂いを含んだ少し寂しげな秋には、日本の風情を感じることができます。
そんな素敵な季節を満喫するためにも、まずは秋らしい着物を身に着けて、見た目から季節感を取り入れていきましょう。

また、季節に合わせて衣替えを行って、毎日の装い選びを楽しく快適に行っていきましょうね。


PAGETOP